IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドライブラインから考える野球界の未来
日本に進出するとして、必要なものは?

「ドライブラインの理論は複雑で、分からない」

ある程度体の知識がないとついていけないことから、ドライブラインは決して万人受けではない。ゆえに、アスリートの意識も求められるところだ。写真はアレックス・ウッド(ドジャース)のピッチデザイン。
ある程度体の知識がないとついていけないことから、ドライブラインは決して万人受けではない。ゆえに、アスリートの意識も求められるところだ。写真はアレックス・ウッド(ドジャース)のピッチデザイン。【丹羽政善】

 ただ、ドライブラインは決して、万人向けではない。


 どこに問題があり、どうすれば修正できるかを説明してくれるが、ある程度、体の使い方に関する知識がないと、理解できないことが多い。基本から教えてくれるわけでもない。


 また、ラプソードやStatcastのデータを自分で読んで、把握できる程度の知識も求められる。アナリストやトレーナーもそれを前提に話をする。


 横の変化量が〇〇センチだから、これを△△センチにすると、より効果を得られるはず。そのためには回転軸をこうしよう――と提案してくれるが、そもそも何に対して何センチなのか。それは、その球が無回転で重力のみが作用した場合、ホームベース上のどの地点を通過するかを基点とし、その差を求めたものだが、その理解が欠落していると、選手は何を目指すのか、分からなくなる。


 もちろん、質問をすれば答えてくれるが、ピッチデザインのセッションを見ていても、当然知っているものとして、話が進んでいく。

 アスリートの意識も問われる。


 ドライブラインに限った話ではないが、教えられたことをどう応用し、工夫し、自分のものにしていくかで、その先が変わってくる。おそらく、言われたことをこなすタイプの選手には時間の無駄でしかない。


 そういえば、ある選手が「ドライブラインの理論は複雑で、分からない」と漏らしていた。


 それはそれでいい傾向ではないか。最低でもそこまではたどり着く必要がある。選手によっては、「何が分からないのか、分からない」というところで止まってしまう可能性もある。

5年後は、今とは違ったアプローチに?

日本のプロ野球チームでもドライブラインへ派遣するところが出てきた。選手だけでなくデータアナリスト、バイオメカニスト、トレーナーも帯同させると効果も現れやすいだろう。写真は西武・中塚駿太がトレーニングを行っているところ
日本のプロ野球チームでもドライブラインへ派遣するところが出てきた。選手だけでなくデータアナリスト、バイオメカニスト、トレーナーも帯同させると効果も現れやすいだろう。写真は西武・中塚駿太がトレーニングを行っているところ【写真は共同】

 今後、ドライブラインは日本進出も考えているそう。ただ、幅広く受け入れられるようになるには、少なくとも「基本」と「応用」という2つのコースに分ける必要があるのではないか。


 また、日本の球団が選手を派遣するとしたら、選手だけではなく、データアナリスト、バイオメカニスト、トレーナーも帯同させると、より効果的なはず。


 というのも、日本から来る場合、どうしても時間が限られる。


 帰国後にドライブラインのプログラムを継続する場合、選手だけに任せるよりは、知識を共有している人たちで連携するほうが、無理がない。実際、このオフに選手を派遣していた球団はそうしたサポートを意識していたが、そもそも、それぞれの連携こそがプログラムの柱でもある。

 いずれにしても、動作解析をして、個別メニューを組み、高性能カメラを使ったピッチデザインというドライブラインが作った流れは今後、スタンダードになっていくのではないか。


 いや、基本のコンセプトは変わらなくても、そのアプローチでさえ、5年後には時代遅れになっている可能性もある。


「カメラ一台で、動作解析も、回転軸やボールの動きもわかるようになるのでは」とバウアー。


「5年後には、今とはまた、違った形になっているはずだ」


 ここ5年ほどで野球界が大きく様変わりしたが、これは序章であり、これからはさらに大きなうねりを伴うようになるかもしれない。

丹羽政善
丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント