IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川昂弥は日本の大砲になる?
日米の現役スカウトが注目の打者を評価

アプリ限定

石川のバッティングについて、日・米の両スカウトの評価は抜群
石川のバッティングについて、日・米の両スカウトの評価は抜群【写真は共同】

 令和最初のプロ野球ドラフト会議。注目すべきドラフト候補たちの評価を聞くべく、日・米のベテランスカウトに直撃。広島東洋カープのスカウト部長・苑田聡彦スカウトと、フィラデルフィア・フィリーズの環太平洋担当部長・大慈彌功スカウトがドラフト直前に明かしてくれた。


 第4回は「野手」編。今ドラフト注目のバッターにフォーカスを当てる。昨年は、根尾昂(大阪桐蔭高〜中日)、小園海斗(報徳学園高〜広島)、藤原恭大(大阪桐蔭高〜千葉ロッテ)という大物高校生野手で沸いた。今年は、その3人に肩を並べる“特A”クラスの野手がいない、というのがスカウト評だが、春のセンバツで優勝投手になった石川昂弥(東邦高)が野手として高い評価を受けている。また、大学進学と言われていた森敬斗(桐蔭学園高)が、一転、プロ志望届を提出したことで、スカウトたちの目が輝いた。そんな2人を、日米のベテランスカウトはどう見ているのか。2人に続く選手はいるのか?

石川昂弥(東邦高)

苑田スカウト「山本浩二がプロに入ってきたときのような印象」


 春のセンバツで優勝投手になりネームバリューが先行していますが、実際に実力があります。パワー、パンチ力があって長打も打てる。軸がぶれず、テークバックを取ったときに割れが崩れず、そこからバチーンとバットが出るからボールを捉えるのがうまい。変化球も何でもついていける。右にも左にも打てて、率も残せます。

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント