IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「指名するなら海野、佐藤、山瀬」
日米の現役スカウトが注目する捕手

アプリ限定

「即戦力キャッチャー」と評価された東海大・海野
「即戦力キャッチャー」と評価された東海大・海野【写真は共同】

 令和最初のプロ野球ドラフト会議。注目すべきドラフト候補たちの評価を聞くべく、日・米のベテランスカウトに直撃。広島東洋カープのスカウト部長・苑田聡彦スカウトと、フィラデルフィア・フィリーズの環太平洋担当部長・大慈彌功スカウトがドラフト直前に明かしてくれた。


 第3回は、「キャッチャー」の評価を世代別に検証。今年は、海野隆司(東海大)、佐藤都志也(東洋大)の2人の大学生と、奥川恭伸(星稜高)とバッテリーを組み甲子園で躍動した山瀬慎之助に注目が集まる。総合力で海野が頭一つ抜けるが、ポテンシャル抜群の佐藤と、強肩の山瀬も、キャッチャーが欲しい球団にとっては気になる存在だろう。そんな3人と、これに次ぐキャッチャーについて、日米のベテランスカウトは「プロの世界に足を踏み入れるからには活躍してほしい」という期待を込めて、厳しい視点も交えながら評価した。

海野隆司(東海大)

苑田スカウト「総合力でトップクラス、即戦力」


 今年の中では一番のキャッチャーになるでしょうね。魅力は、肩の強さ、捕ってから投げる速さ、スローイングの正確さ。大学・社会人を合わせてナンバーワンの肩ですね。高校生の中では、奥川投手とバッテリーを組んでいた山瀬選手がトップですが、総合力で見ると海野選手が一番、即戦力ですね。

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント