sportsnavi

瀬戸内vs.流経大柏を楽しむポイントは?
勝敗の鍵を握る中盤のマッチアップ

アプリ限定

瀬戸内vs.流通経済大柏の試合におけるポイントを、4つの視点から解説する
瀬戸内vs.流通経済大柏の試合におけるポイントを、4つの視点から解説する【Noriko NAGANO】

 残すところ準決勝と決勝のみとなった第97回高校サッカー選手権。1月12日に埼玉スタジアムで行われる準決勝第2試合、瀬戸内(広島)vs.流通経済大柏(千葉)の試合におけるポイントを4つの視点から解説する。

瀬戸内の「心臓」を流経大柏はどう抑えるか

 流通経済大柏の藤井海和と八木滉史のダブルボランチ。瀬戸内の吉田寛太と佐々木達也の2インサイドハーフ。このバトルが間違いなく、この試合の最大のポイントとなる。「4−3−3」を敷く瀬戸内はアンカーの田辺利樹、吉田と佐々木、2年生ストライカー中川歩夢のセンターラインが軸となりポゼッションサッカーを展開する。


「自分が運ぶことで攻撃の時間を作り出せる。そのために奪った時に、いかに間のポジションに立って受けるか。そこを意識しています。僕と吉田の2人が起点となって、受ける時は受けて、抜ける時は抜けることができれば、良い形の攻撃ができると思います」と佐々木が語るように、瀬戸内の「心臓」と言えるこの2インサイドハーフを、流通経済大柏の1年生藤井と2年生八木のダブルボランチがどう抑えるかが鍵となる。


 藤井と八木はともに守備力が高く、藤井はプレミアリーグイーストでセンターバック(CB)としてプレーし続けてきたように、対人の強さとインターセプトのうまさが光る選手で、空中戦も強い。八木は中盤のポジションならどこでもこなせる器用な選手で、藤井が食いついた裏のスペースのカバーと、ボールを奪ってからの展開力が魅力だ。

安藤隆人
安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント