sportsnavi

尚志vs.青森山田を楽しむ4つのポイント
局面でのバトル、駆け引きは必見!

アプリ限定

いよいよ選手権も準決勝と決勝を残すのみ
いよいよ選手権も準決勝と決勝を残すのみ【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 いよいよ第97回高校サッカー選手権も準決勝と決勝を残すのみとなった。ここでは1月12日に埼玉スタジアムで行われる準決勝、尚志(福島)vs.青森山田(青森)の試合におけるポイントを4つに分けて解説する。

青森山田の鍵を握るWボランチと尚志の2年生ストライカー

青森山田の勝利の鍵を握るのは、澤田貴史と天笠泰輝(写真)のダブルボランチだ
青森山田の勝利の鍵を握るのは、澤田貴史と天笠泰輝(写真)のダブルボランチだ【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 青森山田の勝利への鍵を握っているのが、澤田貴史と天笠泰輝のダブルボランチだ。守備力とハードワークに長けた澤田。もともと攻撃的な選手で、大会前はアンカーとして攻守のバランスを1人で司っていたいた天笠。この2人が今大会からダブルボランチコンビを組んでいる。中でも天笠はチームにおける最大のキーマンで、彼の攻守への関わりがチームの調子のバロメーターとなっている。


 この大会でも天笠がアタッキングサードとDFラインを何度もスプリントし、プレスバックと奪ってからの展開、そして前線に飛び出してフィニッシュに関わる部分など、多くのタスクを担っている。


 一方で尚志は1トップの2年生ストライカー染野唯月が広範囲を動きながらボールを収め、「ムービングポストプレーヤー」として攻撃の起点となる。そのセカンドボールをトップ下の二瓶由嵩が受けて、そのまま中央突破や、サイド攻撃へと展開していく形を得意とする。

安藤隆人
安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント