IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球敏腕スカウトの評価 ドラフト直前にここまで話す!
【大学生投手】一番人気は東都1勝の梅津
甲斐野、松本、上茶谷、清水らが次ぐ

アプリ限定

「大物になる予感」「とんでもない可能性」と両スカウトとも東洋大の梅津晃大を高く評価
「大物になる予感」「とんでもない可能性」と両スカウトとも東洋大の梅津晃大を高く評価【撮影:高木遊】

 2018年のドラフト会議までカウントダウンが始まった。NPBのスカウト陣たちは目玉選手たちをどう見ているのか。直前である今、“敏腕”スカウトで鳴らす苑田聡彦氏(広島)と、後関昌彦氏(楽天)の二人を直撃した。


 第3回は大学生投手編。今年の注目は、何と言っても東洋大の150キロトリオ、梅津晃大、甲斐野央、上茶谷大河の3投手だ。この超ハイレベルな3人の中でスカウトが一押しするのが梅津。「大物になる予感がある。20勝できる」と苑田スカウトが言えば、後関スカウトも「大学生で一番ポテンシャルがある。持っているものはかなりのもの」と目をハートにする。即戦力として期待されるのは、後関スカウトからは甲斐野、苑田スカウトからは松本航(日本体育大)。来年はプロの舞台での対戦もあるかもしれない。

瀬川ふみ子

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント