連載:ジャパンウイメンズテニス注目選手たち
日比野菜緒、夢を叶えてぶつかった悩み
“外の世界”が教えてくれた人生とテニス

きっかけは些細なこと 新たに芽生えたテニスへの思い

ダブルスパートナーとともに、アイスクリームショップで楽しむ日比野(左)。写真は2018年1月撮影、右はダリヤ・ユラク(クロアチア)
ダブルスパートナーとともに、アイスクリームショップで楽しむ日比野(左)。写真は2018年1月撮影、右はダリヤ・ユラク(クロアチア)【Getty Images】

「海外に行きたくない、テニス選手の顔も見たくない……」


 下降するモチベーションがついに底を打ったのが、全仏オープンを控えた今年4月頃。全仏には「出場を約束したダブルスパートナーのために出る」と割り切り、重い心を引きずりパリ行きの飛行機に乗った。


 だがそのある種の開き直りが、彼女の視野を押し広げる。いつもは、遠征に出てもホテルと会場の往復のみだったのが、観光やショッピングにも出かけた。普段なら会場や近所で済ませていた食事も、地下鉄を乗り継ぎ、評判のレストランに足を運んでみる。


 人生は、テニスだけではない――。


 コート外での“初”を通じそう思えた瞬間から、逆説的に、テニスへの想いが再び燃え盛った。その気付きを与えてくれた、遠征先で出会う人々や、同じ拠点で練習する同期の加藤未唯(ザイマックス)らの存在の大きさにも、あらためて気付かされる。


「周りの人のお陰で、少し変われました」


 照れくさそうに、彼女は言った。

JWOは「1年で一番楽しみにしている大会」

 選手層の厚い世代に育ち、同期に対する劣等感と表裏のライバル意識を推進力としてきた日比野は、良くも悪くも、周囲と自分を比較しがちだった。その彼女が今は、「周りの人は気にならなくなった。今は、自分のテニスをどうするかに集中できているので」と明言する。


 現在掲げる目標は、「もう一度、トップ100に戻ること」。ただそれはあくまで数字上の話で、真のテーマは「予選だろうが本戦だろうが、その時々に出ている大会で、どれだけ輝けるか」だ。

 だからこそ迎えるJWOでも、目指すは「一番よいところ」。


「1年で一番楽しみにしている大会。去年準優勝した(加藤)未唯のように活躍して、盛り上げたいと思います」


 途絶えた未来予想図の先は、定めた枠組みの中ではなく、無限に広がるキャンパスに描いていく。

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント