「発想の転換」で流れを変えた錦織圭
自身初のウィンブルドン8強入り

“ジョコビッチ少年”が苦戦した天才選手と対戦

3時間半におよんだ激闘を制した錦織圭。ウィンブルドンでは自身初となるベスト8に進出した
3時間半におよんだ激闘を制した錦織圭。ウィンブルドンでは自身初となるベスト8に進出した【写真:Shutterstock/アフロ】

 錦織圭対エルネスツ・ガルビス(ラトビア)の一戦を、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は「少々、奇妙な試合だった」と述懐した。試合開始を待つ間、自身の次の対戦相手を決する戦いに、彼は見定めるような視線を送っていたのだろう。


「奇妙な試合」というジョコビッチの言葉を読み解けば、それはこの試合がどちらに転んでも不思議ではなく、大勢を入れ替える幾つかのターニングポイントがあったことを示している。

 ウィンブルドン4回戦に勝ち上がった現在138位のガルビスは、ジョコビッチにしてみれば同じアカデミーで汗を流し、しのぎを削ったかつてのライバルだ。恵まれた体躯(たいく)から放つショットを個性的な才能で操る天才肌なこの選手に、少年時代のジョコビッチはめったに勝てなかったという。


 その実力をガルビスは、試合立ち上がりから存分に発揮した。特に錦織が手を焼いたのが、本来なら最も得意とするサーブリターンだ。コーナーに打ち分けられるガルビスのサーブは、スピードもさることながら、彼固有の回転や変化を見せる。コースを読むのが難しく、また読めてもクリーンに捉えきれず、錦織は攻略の糸口すら見いだせない。肘に覚えた痛みの影響もあってか、第1セットはガルビスのサービスゲームで2ポイントしか取れずに失った。

劣勢の展開 耐えて見つけた攻略の糸口

193センチの長身選手ガルビス。ネット前へのドロップショットを絡めるなど、錦織を翻弄した
193センチの長身選手ガルビス。ネット前へのドロップショットを絡めるなど、錦織を翻弄した【写真:Shutterstock/アフロ】

 第2セットに入っても、劣勢の戦いは続く。相手のサーブを攻略できない焦りは、自分のサービスゲームを落とせないという重圧を生みもした。その苦しい戦いの中で、錦織は「本当に我慢するしかない」と自分に言い聞かせる。2度のブレークの危機を切り抜け、なんとか持ち込んだタイブレーク。そこに至った時にようやく、攻略への微かな手触りを得た。


「これだけリターンに苦労しているのだから、前に入って打ってみよう」


 窮地に追い込まれ、自らを鼓舞したこの勇気が、ガルビスに圧力を掛ける。相手の心の内に芽生えたミスへの恐れを見抜いたか、攻勢に出た錦織が苦しみながらも第2セットを奪い去った。


 このタイブレークの結末が、傍目(はため)には最初の大きなターニングポイントに映る。だがガルビスが真に悔いたのは、第2セット序盤のブレークの機を逃したことだった。錦織が肘の痛みに苦しんでいるだろうことは、ガルビスにも見えていた。だからこそ「第2セット序盤でブレークができていれば、試合は全く違う展開になっていたはず。圭はあるいは、棄権を考えたかもしれない」と試合後にガルビスは振り返る。


「リターンゲームで、もっと攻撃的にいくべきだった。それができないでいる間に、圭は自信を取り戻してしまった」

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント