IDでもっと便利に新規取得

ログイン

19年から始まるスポーツ3大イベント
コンテンツを活用し最大限の効果を

提供:(公財)日本ラグビーフットボール協会

クールジャパンを「見つけてもらう」ことが大事

王子稲荷神社の「狐の行列」が外国人観光客に人気を博している
王子稲荷神社の「狐の行列」が外国人観光客に人気を博している【写真は共同】

 こうした日本を訪れる外国人観光客について、相原教授は「日本の魅力を外国人が見つけるという発想が大事」とコメント。「オタク文化」や鉄道に代表されるように、日本にはすでに外国人に受け入れられるコンテンツがあるのだ。


 例えば、東京都の王子稲荷神社では、狐のお面をつけた人間が列になり街を練り歩く「狐の行列」という行事が行われるが、これが外国人観光客に大きな反響を呼んだ。自らのSNSに行事の様子を収めた動画を投稿するなど、「最高にクール」なイベントとして人気を博している。


 また、こうした行事だけでなく、新宿のゴールデン街にある飲食店も、外国人観光客に大人気だという。狭い店内で、カウンター越しの店員と注文のやり取りをするという距離感そのものが「クール」と受け入れられている。「何がクールか分からないのが今の時代」(相原教授)ということもあり、こうした日本特有の文化をいかに「見つけてもらうか」が鍵となりそうだ。


「ゴールデンスポーツイヤーズ」の価値を最大限に生かすため、相原教授は「スポーツでいろいろなことができる東京五輪までの3年間。ここを大事にしないといけない」と講演を締めくくった。


 講演に続いて、相原教授との質疑応答が行われた。以下はその要旨。

勝つことで弾みがつく

「勝つこと」で弾みがつき、盛り上がりにつながるという。19年W杯は多くの勝利に期待したい
「勝つこと」で弾みがつき、盛り上がりにつながるという。19年W杯は多くの勝利に期待したい【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

――ラグビーW杯関連の仕事をする予定はあるのか。


 大阪の自治体ともラグビーW杯について情報交換をさせていただいております 。そのような場でよく「19年のラグビーW杯の成否が今後のイベントにも影響するため、何かやらなくてはいけませんよ」と強く言っています。また、花園ラグビー場までのベニューが閑散(かんさん)としているのが気になりますね。ラグビーグッズを売るショップを集めるなど、整備を進めてほしいです。


――ワールドマスターズゲームズのような大規模イベントでは外国人が多く来日するが、宿泊場所の提供ついて 、どのように対応すべきか?


 競技は関西各地で開催され人も分散するので、気にはなりません。所得が高い人ほど高級ホテルに泊まるなど、それぞれの予算に合わせた宿泊場所を選択するため、うまく回ると思います。


――日本のスタジアムには、何を併設するのが最もよいと思うか?


 病院を作るのがいいと思います。スタジアムには、ラグビーやサッカーなどをプレーする一番元気な人たち(選手)がいますよね。元気がない人も元気になる、というのがスタジアムの効能であり、パワーのない人にパワーをあげるのが一番だと思うので。病院が一番いいと思っています。


 ラグビーはけがが多いので、その場で選手を治して、試合に戻れるようにできればいいですね。けがのデータを取ることで、有効活用もできると思います。


――東京五輪、ワールドマスターズゲームズとつないでいく中で、ラグビーW杯ができることは何ですか?


 強くなってほしいです。先の平昌五輪では運営面などで問題がありましたが、連日のメダル獲得で選手の活躍が続いたことで、終わってみれば「大成功だったね」となりました。そのようにさせるのは、やはりアスリートのすごさだと思っています。勝つことで弾みがつきますよね。


――最後に一言。


(ゴールデンスポーツイヤーズを迎えるにあたり)初動が一番大切です。今すでに何も起こってないという事に、危機感を持って取り組むべきだと思います。

あなたにとってラグビーとは?

 心技体を必要とするスポーツですね。暴力を抑制できる、最たるものがラグビーだと思っています。ラグビーは体と体でガチガチに当たりあう競技なので、手が出そうになることもある。ただ、そこをコントロールしなければいけない。相手がいて、審判も尊重しなくてはいけないというときに、紳士のスポーツだから(激しく当たったとしても)そこで怒ることはできない。暴力を抑制できない人は怒ってしまったり、文句を言ってしまったりする。それを全部コントロールすることが求められるのが、ラグビーだと思います。いつも、最高の教材だと思って見ています。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント