凄いぞミルコ「作戦通り」3角捲り決めた スワーヴ18年主役へ名乗りの大阪杯V!

スポーツナビ

「有馬記念のようなレースはしたくなかった」

「有馬のようになるのはイヤだった」とミルコ、グランプリの借りを返す勝利となった 【スポーツナビ】

 普通ならば例え思いついたとしても、GIの大舞台で、しかも1番人気ではとても実行に移せないような大胆な騎乗。これもジョッキーの強心臓と決断力があればこそであり、何よりスワーヴリチャードの類まれな競走能力があってこそだ。

 そしてミルコは、相棒の能力を何より信頼していた。

 というのも、この3角大捲りの作戦はレース中にとっさに思いついたわけでも、イチかバチかの大博打でもない。実はレース前から何度もシミュレーションを重ねた結果、導き出した1つの作戦がコレだったという。ミルコがこう明かした。

「色々と考えたんですが、今の阪神は芝が長いです。スタートから出していけば前に行くこともできますけど、それをしたら脚がなくなる。それでこのメンバーでのペースを考えたら、もしかしたら遅くなるかもしれない。そうなったときに早めに動いていこうと思ったんです。思った通りでした。こんな感じのレースにしたかったんです(笑)」

 ミルコはレース後のインタビュー中、何度も「有馬記念のようなレースはしたくなかった」と繰り返していた。それだけ昨年末の大一番はミルコにとって悔いが残るレースだったのだろう。今回も外枠・右回りと、状況は4着に敗れた有馬記念と似ていたわけだが、同じ失敗は繰り返さない。おつりが来るくらいの満点の騎乗で、グランプリの借りを返してみせた。

キタサンブラックに追いつけ追い越せ!

スワーヴリチャードがこのまま2018年の主役として先頭を突っ走るか 【スポーツナビ】

 前夜は海を越えたドバイで、同世代のダービー馬レイデオロが結果を残せず、今年は連敗スタート。古馬王道路線は混迷の時代に入るかと思われたものの、ここ日本でスワーヴリチャードが新たな主役に名乗りを挙げる大きな1勝を挙げた。次戦は同じ阪神コースで行われる2200メートルのGI宝塚記念が有力かと思われるが、現時点では未定。しかしながら、開業12年目にして悲願のJRA・GI初勝利を達成した庄野調教師は、今年1年にかける期待に力を込めた。

「今年は飛躍の1年にしたいですね。私もキタサンブラックがとても好きな馬なのですが、キタサンは大阪杯を勝って、そこから年度代表馬になった。追いつけ追い越せで頑張っていきたいです」

 7年連続のJRA・GI勝利となったミルコも当然、思いは同じだ。

「初めて乗ったときからすごくいい馬と思っていましたから、次も楽しみです。直線で1頭になるとちょっとズルいところがあるけど(笑)、このまま無事に行ってほしい」

 さらに強調したいのは、左右の回りについてミルコが「関係ないです」とキッパリ言い切ったこと。つまり、スワーヴリチャードの右回り苦手は解消されているということだ。ジョッキー、トレーナーの話を総合すると、ゲートの一完歩目の遅さや物見をしてしまうなど細かい課題はまだ残されているようだが、充実の4歳馬だ。それらも1つずつ克服していくのではないか。2018年はスワーヴリチャードが一歩ずつ完全無欠の王者へと階段を上っていく、そんな1年になるのかもしれない。

 そして、競馬ファンが望むのは、最強馬の座をかけたレイデオロとの再戦が、早期に実現することだろう。

(取材・文:森永淳洋/スポーツナビ)

2/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント