豪華対談! 王者ホロウェイ×桜庭和志
武蔵川親方とKONISHIKI氏も斬り込む!
現役王者ホロウェイ(左手前)と桜庭和志(左奥)、そして相撲界のレジェンド・武蔵川親方とKONISHIKI氏との対談が実現
現役王者ホロウェイ(左手前)と桜庭和志(左奥)、そして相撲界のレジェンド・武蔵川親方とKONISHIKI氏との対談が実現【Zuffa LLC】

 9月23日(土)に開催される「UFCファイトナイト・ジャパン」のプロモーションの一環として、8月上旬に来日したUFCフェザー級王者マックス・ホロウェイ。東京都内でUFC殿堂入りを果たしたばかりの桜庭和志に加え、武蔵川親方(第67代横綱 武蔵丸)とKONISHIKI氏(元大関 小錦)との4人での対談が実現した。


 4人で鍋を囲みながら始まったトークは2017年7月に日本人選手として初めてUFC殿堂(ホール・オブ・フェイム)入りした桜庭に話題が集まる。桜庭によると当初、イベントに出席してほしいとだけ要請があったといい、殿堂入りがサプライズだったことを打ち明けた。実は、UFC殿堂入り式典が開かれた17年インターナショナル・ファイト・ウイークにはホロウェイもゲストファイターとして参加しており、式典会場に向かう選手専用バスが同じ便だったと明かして桜庭を驚かせた。


 また、小学生時代にKONISHIKI氏が主催する“KONISHIKIキッズ”に応募したことがあるというホロウェイ。KONISHIKI氏はハワイの地元地域に住む子供たちに広い世界を知ってもらおうと1996年に“KONISHIKIキッズ基金”を立ち上げ、その活動の一部として地元の小学生を対象にした作文コンテスト“KONISHIKIキッズ”を実施している。選ばれた生徒は研修旅行として日本を訪れ、ハワイとは異なる日本の文化などを体験する。


 見事、ホロウェイの作文が選ばれたものの、当時の教師らから「危険な生徒」と見られていたホロウェイは補欠にまわされ、結局、別の生徒が選ばれて来日を果たせなかったとのこと。「かなり悲しかったし悔しかった」と語るホロウェイは今でもその思いを忘れていないようだ。


 さらに、相撲界やプロレス、格闘技の世界でそれぞれにトップレベルで活躍してきた先輩たちにホロウェイがアドバイスを求めるシーンも。桜庭からは「続けていくこと」が大事だと教わった。


 マウリシオ・“ショーグン”・フアとオヴィンス・サン・プルーのヘビー級マッチがメインイベントに組まれた「UFCファイトナイト・ジャパン」は9月23日(土)朝8時30分にアーリープレリム(前座試合)が開始されることになっており、廣田瑞人や石原“夜叉坊”暉仁、五味隆典ら日本人選手も多く出場する。

(c) Zuffa, LLC

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント