sportsnavi

“堀カラー”でもぎ取った、浦和のACL4強
巧みな川崎攻略法で実現した逆転劇

分水嶺となった車屋の退場

一時は1−4という状況から、浦和が逆転でACL4強を決めた
一時は1−4という状況から、浦和が逆転でACL4強を決めた【赤坂直人/スポーツナビ】

「4−1−4−1」から「4−2−4」、さらには「3−4−2−1」へ――。


 一手打つたびに浦和レッズは姿を変えて、攻勢を強めていった。その圧力は1人多いとはいえ、J1屈指の攻撃力を誇る川崎フロンターレに、カウンターの機会すら与えないほどだった。


 川崎が3−1と先勝して迎えたACL(AFCチャンピオンズリーグ)の準々決勝、埼玉スタジアムで行われた第2戦は、19分に川崎のエウシーニョが先制ゴールを奪い、合計スコアは4−1と大きく開いた。


 35分に興梠慎三のゴールで浦和が1点を返したが、川崎の優位は変わらない。ゲームの分水嶺(れい)となったのは38分、川崎のDF車屋紳太郎の退場だ。興梠の顔に足の裏を向けて競り合ったプレーが危険とみなされ、一発退場を宣告されてしまう。

運動量を求め、中村憲剛を下げた鬼木監督

1人減ったことで運動量が必要と考えた鬼木監督(右)。中村憲剛を下げる決断した
1人減ったことで運動量が必要と考えた鬼木監督(右)。中村憲剛を下げる決断した【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 前半のうちに左サイドバックを失う緊急状態――。問題は、誰に代えてDFを送り出すかだ。鬼木達監督がベンチに下げたのは、先制ゴールをアシストし、おそらく浦和にとって最も厄介な選手であるはずの、トップ下の中村憲剛だった。


「1人減ってしまったので、運動量が必ず必要になってくるだろうと思った」と鬼木監督は説明した。そのため、最もベテランである36歳の中村を下げたというわけだ(42分に田坂祐介と交代)。


 思い出したのは、1994年ワールドカップ米国大会のイタリアだ。ノルウェー戦の前半にGKジャンルカ・パリュウカが退場になった際、アリゴ・サッキ監督はためらうことなく、前年にバロンドールとFIFA(国際サッカー連盟)最終優秀選手をダブル受賞していたトップ下のロベルト・バッジョをベンチに下げた。その理由も、鬼木監督と似たものだった。

カウンターを狙えなくなった川崎

65分には大島も下がったことで、川崎はカウンターのパスの出してを失った
65分には大島も下がったことで、川崎はカウンターのパスの出してを失った【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 1人少ないチームがFWやトップ下をベンチに下げて4−4−1で戦うのは定石だ。話を川崎に戻せば、今季の中村は毎試合のように途中交代している。鬼木監督は中村をアンタッチャブルな存在として扱ってこなかったから(これは鬼木監督の功績でもある)、今回の交代も、苦渋の決断というわけではなかったのかもしれない。


 ただし、考慮しなければならなかったのは、大島僚太が直近の試合で足首を負傷し、フル出場が難しい可能性が高かったことだ。


 川崎にとって理想の展開は、3点が必要な浦和が前掛かりになったところを、ロングカウンターで仕留めることだろう。しかし、中村が前半のうちにピッチから去り、「前半が終わって足首にかなり痛みが出ている状態だった」(鬼木監督)という大島も65分に下げざるを得なかったため、カウンターを発動させるパスの出し手がいなくなってしまった(代わって出場したのはエドゥアルド)。

中村と大島が下がったことで「思い切りよく高い位置を取れた」と振り返った槙野(赤)
中村と大島が下がったことで「思い切りよく高い位置を取れた」と振り返った槙野(赤)【(C)J.LEAGUE】

 終始、攻撃に参加することができた浦和のDF槙野智章が振り返る。


「僕ら(槙野と森脇良太)が上がると後ろにスペースができるので、ボールを拾われて憲剛さんや大島選手に渡ると、ワンクッション、タメを作られてしまう。そうなると、なかなか上がれるチャンスはなかったけれど、あの2人がいないことで、思い切りよく高い位置を取れたし、ゴールに向かうプレーを数多く出すことができましたね」


 大島のフル出場が難しい可能性があった以上、先に大島を下げて中村をできる限り(可能なら90分)引っ張る。あるいは、2人とも下げるなら、1トップの小林悠と右サイドハーフの家長昭博の位置を入れ替えて、家長のキープ力とパス、小林のダイアゴナルの飛び出しでカウンターを狙いたかった。


 問題は、中村を下げるべきだったのか否かではなく、カウンターの手段を持てず、一気呵成(かせい)に攻める浦和の喉元にナイフを突き立てるようなゲーム運びができなかったことだろう。

飯尾篤史
飯尾篤史
東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書として『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)、城福浩『Jリーグサッカー監督 プロフェッショナルの思考法』(カンゼン)などがある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント