sportsnavi

原監督、逆転3区に「実は心配だった」
箱根駅伝往路、青学大監督・選手コメント
2区一色恭志(左)から3区秋山雄飛へのたすきリレー=戸塚中継所
2区一色恭志(左)から3区秋山雄飛へのたすきリレー=戸塚中継所【写真:アフロスポーツ】

 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2日、東京・読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までの往路5区間107.5キロのコースで行われ、青山学院大が5時間33分45秒で3年連続の往路優勝を果たした。2位は早稲田大で5時間34分18秒。3位は順天堂大で5時間36分9秒。

 青山学院大は、1区4位、2区は離されての2位とスタートでやや苦しんだ。しかし粘りの走りで順位をキープ。3区の秋山雄飛(4年)が38秒差を一気にひっくり返し先頭に立つと、そのままトップでゴールした。


 以下は原晋監督と往路出場選手のコメント。

エースの一色「本当にきつかった」

原晋監督

 正直言うとですね、3区の秋山だけが実は心配だったんですね。逆にそこでトップに立てて(後続を)離すことができて良かったです。(現在2位の早稲田とは33秒差だが)復路にも、非常に速くて強いランナーをそろえています。どんと構えて、3連覇3冠に向けて、チャレンジしていきたいと思います。(見事な3年連続3回目の往路優勝でした)サンキュー!


1区:梶谷瑠哉(2年)

 1区のレースはかなりスローペースで進んだので、自分の得意なラストで戦えると思っていました。2区の一色さんに、(他チームとの)タイム差なく持っていけたなと思います。(初の1区で)最初は緊張するかなと思っていましたが、スタートラインに立ったときは思ったよりも緊張していませんでいた。スタートした瞬間は、もう緊張もなくリラックスして走れていました。


2区:一色恭志(4年)

 3年連続でこの区間を走らせてもらったんですが、今回のレースが本当に一番きつかったなと自分の中で振り返って思います。本当に(1区の)梶谷がいい位置でつないできてくれたんですが、(自分は)そんなに快走したわけでもなく、かと言って悪かったわけでもなくというレースをしてしまいました。ただ、(3区の)秋山がそれを帳消しにしてくれるどころか、もっといい走りをしてくれて、やっぱりそこは秋山だなと。でも、秋山だけじゃなくて、本当にチームのみんなに感謝したいと思います。


3区:秋山雄飛(4年)

 先頭の神奈川大が40秒先(公式記録は38秒差)に到着して、ちょっとあれっと思いした。でも、あまり慌て過ぎても仕方ないので、自分の走りをしていくだけだと思って走っていました。(復路の選手に向けた一言は)まだ33秒差で油断できない差なので、油断せず頑張ってきてほしいですね。


5区:貞永隆佑(3年)

(初めての箱根で往路3連覇のゴールテープを切った気持ちは)素直にうれしいと思います。(ゴール前では)みんな笑顔で喜んでくれていたので、何とかたすきを先頭でつなげてよかったと思います。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント