4年後の五輪金メダルを本気で狙う13歳
国内敵なし、張本智和のロードマップ

同世代の国内タイトルを9連覇

世代別の国内タイトルを9連覇中の張本。13歳ながら東京五輪での金メダルが期待されている
世代別の国内タイトルを9連覇中の張本。13歳ながら東京五輪での金メダルが期待されている【スポーツナビ】

 リオデジャネイロ五輪で2つのメダルを獲得し、注目度が一気に高まった男子卓球。エース・水谷隼(ビーコン・ラボ)が団体戦決勝の第2試合で許キンを破り、王者中国の巨大な壁に一太刀(ひとたち)浴びせたのは記憶に新しい。


 4年後、自国開催となる東京五輪では今回届かなかった金メダルが期待される。水谷も、史上初の偉業を狙うと言ってはばからない。そしてもう1人、東京で金メダルを狙うと公言している選手がいる。13歳の張本智和(JOCエリートアカデミー)だ。


 張本は、全日本選手権バンビの部(小学1、2年)、カブ(同3、4年)、ホープス(同5、6年)、カデット13歳以下(2014、15年)、そして今年8月の全国中学校体育大会(全中)をすべて制し、中学生以下の世代別国内タイトルを9連覇中。すでに世界の舞台でも実績を残しており、6月のワールドツアー・ジャパンオープンにて史上最年少で21歳以下男子シングルスを優勝すると、シニアの世界ランキングは190位(6月)から63位(7月)に急上昇。さらに9月のアジアジュニア選手権カデットの部(15歳以下)では団体金メダル、シングルスでも銀メダルを獲得した。


「天才卓球少年」の名を欲しいままにする張本に、打倒中国を期待する周囲からの期待はいやが上にも高まる。そんな“天才”は、東京五輪へのロードマップをどのように描いているのか。中学生となった今年から地元仙台を離れ、東京で寮生活を送り練習に励む本人に話を聞いた。

リオ五輪を見て生じた心境の変化

冷静な語り口が印象的な張本だが、時折浮かべる笑顔は少年のそれだ
冷静な語り口が印象的な張本だが、時折浮かべる笑顔は少年のそれだ【スポーツナビ】

 東京での生活は、平日は学校が終わったあとに2〜3時間、休日は5〜6時間の練習をこなす卓球漬けの毎日。しかし「たまに休みがある日は、だいたい部屋で携帯をいじって(野球ゲームの)パワプロをやったり、喋ったりしています」と語る姿は、普通の中学1年生そのものだ。


 今夏のリオ五輪は、そんな忙しい合間を縫って寮生とともにテレビ観戦した。「普通に見たのは初めてでした」というが、水谷の快挙は大会前から予想していたと言う。


「ワールドツアーとかでも状態がとても良かったので、きっと水谷さんならメダルが取れるって。(それでも)本当に取ったら、やっぱりすごいなって思いました」


 一方の女子では、団体戦に出場した3学年上の15歳、伊藤美誠(スターツ)が銅メダルを獲得。卓球史上最年少メダリストの誕生は、張本の心境にも「(東京五輪代表が決まるまで)あと3年ぐらいしかないので、前までは6年ぐらいあったのに、あんまりないんだなあという実感があります」と刺激を与えたようだ。


 20年に金メダリストとなるには、その前にもちろん五輪代表の座をつかむ必要がある。しかしリオに出場した水谷、丹羽孝希(明治大)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)は現在27歳、22歳、23歳と、4年後も十分に狙える年齢だ。そこに割って入るのは簡単なことではない。


 代表入りのためには、まず世界ランキングを上げていくことが求められる。先の3人は10月現在、水谷が5位、丹羽が15位、吉村が24位につけている。張本は77位。


「ジャパンオープンの後、格下選手に2回負けてちょっとランキングが下がりました。格下の選手にもしっかり勝てるようになれば、もうランキングが下がることもないと思うので、そこから格上の選手にもたくさん勝って、3年後には20位〜10位くらいになっていればいいなと思います」


 リオで3つ目の代表枠をつかんだ吉村はメダル獲得の2年前、14年8月時点では世界ランキング109位だった。単純な比較はできないものの、張本が順調に成長していけば、目標達成は決して非現実的なことではないだろう。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント