sportsnavi

ハリルホジッチ「とにかく勝ちたい」
キリンカップメンバー発表会見

小林祐と大島は1試合のためにだけで呼んだわけではない

初選出となった大島について、ハリルホジッチ監督は「パスも技術もビジョンもいい選手」と評価した
初選出となった大島について、ハリルホジッチ監督は「パスも技術もビジョンもいい選手」と評価した【スポーツナビ】

 中盤にいく。われわれのキャプテン、長谷部。最後の最後で(チームが1部残留して)良かった。でも疲労している。最後に合流するのが長谷部だ。彼がどのような状態で来るのかまだ分からない。彼とも何度かディスカッションをした。恐らく土曜に合流すると思うが、2、3日休んでもらって、現場でどのような状態か見て、メディカルスタッフが疲労回復のところをやらなければならない。


 ヨウスケ(柏木)は何試合かわれわれと一緒にやっている。私のオフィスに来た数少ない選手の1人だ。左でしっかり組み立てるのがすごく上手。まだパワーはないが、これからしっかりトレーニングしてもらいたい。彼のことは本当に信頼している。だが、彼も他の選手と競争していかなければならない。昨日の(ACLの)試合もかなりきつかったと思うが、アグレッシブさが出てきた。プレッシャーのところも、ボールを失った瞬間に前に行きながらボールを奪っていた。彼がプレッシャーのスイッチになっている。トレーニングをしているのでフィジカル的にもかなりよくなっているし、ここ最近、すべての面で向上している選手だ。得点も取れる。取らせる選手だが、FKなどで彼の左利きが、良い結果を生み出すといいと思う。


 遠藤は後ろのポジションでプレーしているが、もっと中盤で使いたい選手。パワーもあるし、(ACLでは)1失点目には関わってしまったが、五輪にも呼ばれるであろう選手だ。若いし、かなり信頼している。クオリティーもかなりある。ただ、多くの国内組の選手と一緒で、まだまだフィジカル的なところに課題がある。合宿に来たら体脂肪テストをして、われわれの求める基準より(数値が)高ければ、私はうれしくないだろう。


 シンジ(香川)は最後の最後まで良いシーズンだった。彼とはかなりディスカッションしてきた。シーズン最後はA代表でもクラブでも、良いシーズンを過ごしたと思う。オフェンス面でもディフェンス面でも。われわれは彼と話して修正を加えた。シンジもほかの選手もそうだが、もう一度、W杯に行きたいと言っている。こういった道を続けてほしいと思う。キヨ(清武)はけがなどもあって難しいシーズンだったと思う。けがも重大だったし、クラブも降格してしまった。でも能力はオフェンス面に関して本当に高い。今夜、彼とビデオを使いながらディスカッションしたいのだが、まだまだ伸びるところがある。A代表に多くのことをもたらせる選手だ。シンジと競争してほしい。彼らがボールを奪うところで規律などをしっかり覚えれば、シンジとキヨを同時に使いたいとも思っている。


 新しい選手だ。(大島は)長い時間をかけて追跡している。U−23代表でもよく出ている選手。最近の試合、川崎を見続けたが、本当に向上している。ボールを使ったところ、パスでは前から分かっていたが、アグレッシブさがボールを奪うところでできるかを見ていたが、そこが伸びていた。面白い選手だと思う。後ろから第一列にボールを送れる選手。より高い中盤、そして2列目から飛び出せる選手でもある。パスのテクニックもあり、ビジョンもいい。パスも素晴らしいスピード、小さな頑張る選手。身長がもう10センチ高ければもっともっと面白い選手だろうと思うが、この身長は伸びないので、違うところを伸ばさなければならない。ただ、彼がプレーするかは分からない。少し呼んで、今のところ五輪代表で戦っている。明日、来てほしかったのだが、五輪チームに何人かけが人も出ているので、最後まで残って合流してほしい。若い、能力のある選手だ。まだ直接見ているわけではないので、トレーニングしながら正確な情報を発見したい。


 彼(小林祐)も長い時間かけて追跡してきた。左利き。クオリティーはある。直接スタジアムに見にいった。前半は特にオフェンス面で素晴らしかった。得点したし、取らせた。ただ、後半はこのリズムについていけなかった。恐らく、フィジカル的にはまだまだ伸ばせるのではないか。国内で能力がある選手だが、守備に戻るとか、守備をしっかり頑張るというのはない。ただ、A代表はどちらもできる選手が必要。遠藤や長谷部のようにボールを奪えと言っているわけではない。ただ(リオネル・)メッシであろうが(クリスティアーノ・)ロナウドであろうが、メッシの方がすごいが、彼らもプレッシャーをかけるし、ボールを奪う。そういうこともやってほしい。それが現代フットボールが要求していることだ。


 ACLで日本のチームがベスト8に残らなかった。これをジャーナリストの方々がどう分析するかは分からないが、これは本当に疑問に思ったほうがいい。今疑問を持たないと、手遅れになってしまう。(小林)ユウキに関しては本当にディスカッションしなければいけない。真実を彼に言わなければいけない。24歳だし、能力は本当にある。そして、グラウンド上でも主力としてコミュニケーションを取っている。(一方)大島は話さないし、あいさつにも来ない。それではダメだ。試合中に一言も話さない人もいる。私にとってノーマルではない。ちょっとしたことをディスカッションしながら、発展させたり向上させていきたい。何人かはそれを理解しなければいけない。何人かの選手はメンタルを変えてほしい。私生活ではいいが、グラウンド上では変えなければならない。そうしないと活躍できない選手になってしまう。


 シバガク(柴崎岳/鹿島アントラーズ)もここに入るかもしれないが、ディフェンスのところでアグレッシブにボールを奪うところをかなり要求している。今野(泰幸/G大阪)も候補に入る。今野は33歳であろうと、ボールを奪うところは素晴らしいし、良いシーズンを送っている。もし長谷部が疲れたり、病気になったら、真面目な今野を呼ばないと。日本でプレーしようが、海外でプレーしようがみんな候補だ。みんなのことを追跡しているので、パフォーマンスが良ければ呼ぶ。私の中では先発も控えもない。私が間違えることもあるが。特に1年目は分からない選手もいたので難しかった。何人かの選手は間違えたかもしれない。そしてたくさん移動して選手を見てきたのでミスがなくなってきたかなと。


 ユウキ、大島は1試合のためにだけで呼んだわけではない。何試合も見て、いろいろなところに行って考えた結果、選んだ。ここにいない選手も忘れていない。将来、UAEとやる時に必要な選手がいるかもしれない。UAEはACLではベスト8に2チーム残っている。そしてアジアカップで日本を敗退に追いやったチーム。簡単な試合ではないはずだ。(アジア最終予選の)1試合目はUAE戦。その準備をしなければならない。これは中盤、攻撃面、守備面の中心になる選手だ。ゲンキ・ハラグチ(原口)もここで使うかもしれない。昨日、彼とビデオを見ながらディスカッションした。クラブでは違うところをやっているが、彼のクオリティーを見ると違うポジションができるんじゃないかと思う。私の見方だが、選手はここの方がいいんじゃないかという見方をして選手を選んでいる。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント