IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハミルトンが余裕の表情を見せる理由
ロズベルグに連勝許すも「まだ2勝だけ」

ダメージを最小限に抑えて3位フィニッシュ

2015年シーズン終盤から好調を維持しているニコ・ロズベルグ
2015年シーズン終盤から好調を維持しているニコ・ロズベルグ【XPB Images】

 しかしミディアムを履いて1回少ないタイヤ交換で走り切ろうとした多くのドライバーがそうであったように、この日のコンディションで、それは正解とは言えなかった。ペースの遅さとデグラデーションの大きさだけではなく、前後バランスの変化が他コンパウンドとは大きく異なっていたこともあった。


「ハミルトンのラップタイムは1分39秒1、タイム差は2.4秒だ」


 レース序盤はハミルトンを意識していたライコネンも、中盤以降は首位ロズベルグとの戦いに移っていき、ハミルトンは3位で、ひとり旅を強いられた。


「素晴らしい努力だった。素晴らしいリカバリーを果たし、ダメージを最小限に留めたよ」


 3位でチェッカーフラッグを受けたハミルトンを、レースエンジニアのピーター・ボニントンがねぎらった。ダメージを最小限にしたと考えれば十分な結果だった。


 しかし選手権を争うライバルに2連勝を許しても、ハミルトンの表情に余裕がうかがえたのは、別の理由があった。

チームの状況には手応え

「誰だって負けるのはイヤだ。だけど今日の僕らには勝てるだけの速さがあった。チームは冬の間に素晴らしい仕事をしてくれた。それが僕にはわかっている。ジャングルの中で、さまよっているような状況じゃないんだ」


 予選でQ3の最後に逆転ポールポジションを決めた瞬間、ハミルトンは無線で雄叫びを上げた。


「フゥー! ハハハ! 最高のラップを決めてやった! なんてセクシーなラップだ!」


 ロズベルグに昨年から続く5連勝を許したものの、昨年の終盤戦マシンフィーリングに苦しんでいたことは、とっくに解決できている。


「5連勝だとは思ってない、2連勝だ。今年に入ってからの2勝だけだ」


 そうハミルトンが言い切るのは、決して負け惜しみなどではない。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント