IDでもっと便利に新規取得

ログイン

釜石と小豆島の21世紀対決が実現
第88回選抜高校野球大会組み合わせ
大会第2日第1試合で釜石と小豆島が対戦。21世紀枠校同士の対戦は3年ぶり。なお、小豆島の樋本主将は選手宣誓を行う
大会第2日第1試合で釜石と小豆島が対戦。21世紀枠校同士の対戦は3年ぶり。なお、小豆島の樋本主将は選手宣誓を行う【写真は共同】

 第88回選抜高校野球大会(3月20日〜12日間/兵庫・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が11日9時から毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、各 校の初戦16試合の組み合わせが決定した。また、選手宣誓は出場32校の主将から抽選で、小豆島高の樋本尚也主将に決まった。


 以下、日程ごとの見どころを挙げていきたい。

初日・3月20日

投げては146キロ、打っては高校通算37本塁打と投打にセンスを見せる東邦・藤嶋は大会第3日に登場
投げては146キロ、打っては高校通算37本塁打と投打にセンスを見せる東邦・藤嶋は大会第3日に登場【写真は共同】

 開幕カードは福井工大福井(北信越/福井)と智弁学園(近畿/奈良)の一戦。ともに甲子園常連校となるが、開幕試合の雰囲気の中で本来の実力を出せるか!? 163センチの長距離砲・北村進太郎(福井工大福井)と公式戦奪三振率10.61の左腕・村上頌樹のマッチアップは楽しみ。


 第2試合はセンバツ優勝経験があり、高校球界屈指の左腕・鈴木昭汰擁する常総学院(関東/茨城)が登場。昨夏の甲子園でも活躍した強打者・綿屋樹がどっしりと4番に座る強力打線の鹿児島実(九州/鹿児島)と対戦する。


 第3試合は桐生第一(関東/群馬)vs.滋賀学園(近畿/滋賀)。近畿大会準優勝の実力校に、公式戦防御率1.34の左腕・内池翔がどのような投球を見せるのか。

第2日・3月21日

 第1試合は釜石(岩手)と小豆島(香川)という21世紀枠校同士の対戦。21世紀枠同士の対戦は、2013年の遠軽(北海道)vs.いわき海星(福島)以来のこと。昨秋は両校とも岩間大、長谷川大矩とほぼ1人で投げ抜いてきただけに、打線がどこまで援護できるか!?


 第2試合は明徳義塾(四国/高知)と龍谷大平安(近畿/京都)の強豪同士の一戦。公式戦打率4割8分1厘の切り込み隊長・立花虎太郎、U−15日本代表経験者の2年生・西浦颯大ら潜在能力の高い選手がそろう明徳義塾に対して、平安の最速143キロ左腕・市岡奏馬が立ちはだかる。


 第3試合は打ち勝つ野球が身上の八戸学院光星(東北/青森)と、瀬戸口恵大、福間塁と体重90キロを超える主軸をそろえる開星(中国/島根)の組み合わせ。

第3日・3月22日

 第1試合は、140キロを超える速球右腕の吉高壮を軸に近畿大会4強まで勝ち上がり、初出場を決めた明石商(近畿/兵庫)と、160センチと小柄ながら主将としてもチームを引っ張ってきた左腕・森山弦暉擁する日南学園(九州/宮崎)が対戦する。


 第2試合には、投げては146キロ、打っては高校通算37本塁打の藤嶋健人、140キロ左腕・松山仁彦ら能力の高い選手がずらりと並び、優勝候補に名を連ねる東邦(東海/愛知)が昨秋の都大会を制した関東一(東京)と激突。激戦区の東京を勝ち上がってきた実力校相手に、東邦がどのような戦いを見せるか。


 第3試合は主将でエースの上出拓真を中心にまとまりのある札幌第一(北海道)と安定感のある左腕・早川隆久を擁する木更津総合(関東/千葉)という昨秋のブロック大会優勝校同士の一戦となる。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント