sportsnavi

ハリルホジッチ「あと3、4点は取れた」
W杯アジア予選 シンガポール戦後会見
シンガポール戦後、ハリルホジッチ監督は勝利を喜んだものの、「あと3、4点は取れた」と話した
シンガポール戦後、ハリルホジッチ監督は勝利を喜んだものの、「あと3、4点は取れた」と話した【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 サッカー日本代表は12日、シンガポール・ナショナルスタジアムでシンガポール代表とのワールドカップ(W杯)アジア2次予選兼アジアカップUAE2019予選に臨み、3−0で勝利を収めた。


 この日から新たなユニホームを身にまとった日本は、序盤から圧倒的にボールを支配し、シンガポール陣内に攻め込む。前半20分には、金崎夢生が代表初ゴールとなる鮮やかなボレーシュートを決めて先制すると、26分には本田圭佑が左足でゴールを決め、2−0で前半を折り返す。後半42分にはセットプレーの流れから吉田麻也が追加点を奪い、3−0で快勝。日本は消化試合数が1試合少ないものの、再びグループEの首位に立った。


 試合後、日本のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は勝利を喜んだものの、「私としては、あと3、4点は取れていたと思う。それを決めないといけない」と決定機での精度向上を求めた。また、先発で起用した金崎や清武弘嗣、柏木陽介について、「彼らの表現には満足している」と賛辞を贈った。


 日本は17日、アウェーでカンボジア代表と対戦する。

前半はかなり良かった

 勝ててうれしく思う。そして選手を祝福したい。前半はかなり良かった。野心とアグレッシブさを見せることができたし、いくつかの美しいアクションもあった。もっとゴールを決められなかったのが残念だ。後半はリズムが落ちたが、決定的なチャンスを作り続けることはできたし、ビッグチャンスも何度かあった。(選手には)ブラボーと言ったが、もっとできるとも言った。特に仕留めるところでだ。


──0−0に終わった6月16日の埼玉でのゲームではシンガポールのGKイズワン・マフブドが好セーブを見せた。今日の試合でそのイメージは蘇ったか?(シンガポール記者)


 彼は再び素晴らしい試合をしたので、試合後には彼にも祝福を贈った。ホームの試合と今回のアウェーの試合で何度、彼に止められたことか。われわれにとって決定的なチャンスを作っていたが、もっと上位のチームとやるときにはこんなにチャンスはない。グラウンドも固くてボールもかなり走ったが、ボールコントロールの面で難しかったと思う。ワンタッチでもっと(プレーしてほしい)ということも思った。(さらに)何点か取りたかった。


──埼玉での試合では今日より完成度が高かったが、得点が取れなかった。今日はミスがあったが点は取れた。これは意図的なものだったのか?(大住良之/フリーランス)


 今日のグラウンドは、比較的プレーに適していたが、ボールがかなり速かった。前半は美しいアクションをいくつか作ったが、何人かの選手は疲労があったことを理解してほしい。例えば、香川真司は火曜日に到着した。彼自身もプレーしたかったのだが(疲労の)リスクをかけたくなかった。後半にリズムが落ちたのは、疲労と暑さが原因だった。環境適応の面で、少し時間が足りなかった。もっとできるとは思うし、やれるという期待も持っている。

後半はディシプリンが欠けてきた

シンガポール戦の先発メンバー。ゴールを決めた金崎(上段右から3番目)や清武(13番)、柏木(7番)のプレーを評価した
シンガポール戦の先発メンバー。ゴールを決めた金崎(上段右から3番目)や清武(13番)、柏木(7番)のプレーを評価した【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

──金崎をスタメンに起用した意図、そして清武弘嗣と柏木陽介の評価は?


 彼らの表現には満足している。特に前半だ。彼らが同時に動きを作り出し、かなり興味深いアクションが起こった。金崎は難しい1点目を美しく決めてくれた。もっと点を決められる可能性もあった。清武は守備を固めた相手に、かなり良い組み立てを見せてくれた。彼らのアグレッシブさによって、ボールを高い位置で素早く奪うことができた。柏木にはビルドアップと決定的なパス、そしてバリエーションを期待した。彼はさらに2〜3回のシュートを放つチャンスを作り、効果的なビルドアップも見せてくれた。長谷部誠もゴールを決められたと思う。いくつかのプレーの場面でかなり満足している。彼らのディシプリン(規律)と野心は素晴らしかったと思う。


──守備に関しての評価はどうか? 後半に2回ほど決定的な場面を作られていた。(宇都宮徹壱/フリーランス)


(後半に)初めて彼らは危険な状況を作り出したわけだが、問題はフリーで(シュートを)打たせたことだ。われわれの左サイドから危険なクロスを入れられてフリーでヘディングシュートを打たれてしまった。われわれがゲームを支配したことで、相手はかなり引いていたが、カウンターアタックからビッグチャンス作る可能性もあったので、守備陣には集中するように伝えた。後半はディシプリンが欠けてきて、確かにディフェンスのオーガナイズも良くなかったため、相手はこちらの弱点を1〜2回突いてきた。ただしGK(西川周作)はボールにほとんど触っていない。ここ数試合、そういう内容が続いていたが、W杯予選では相手を過小評価してはいけない。われわれも世界一ではないのだ。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント