錦織、今後の気になる対戦相手は?
V2へチリッチ戦後も難関続く
  • WOWOW

ベスト4へ、対戦相手はチリッチ

ベスト8が出そろった楽天ジャパンオープン。錦織圭(写真)の今後の気になる対戦相手は!?
ベスト8が出そろった楽天ジャパンオープン。錦織圭(写真)の今後の気になる対戦相手は!?【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 楽天ジャパンオープンは8日、男子シングルスのベスト8が出そろい、いち早く進出を決めている錦織圭(日清食品)の準々決勝の相手は、マリン・チリッチ(クロアチア)に決定。昨年の全米オープン決勝が再現されることになった。


 この日対戦したスティーブ・ジョンソン(米国)との2回戦では、チリッチの安定感が際立った。第1セットの第1ゲーム、エースを絡めた立ち上がりから、すぐに第2ゲームをブレーク。第3ゲームでは3本のブレークポイントをセーブしたことで余裕が出た。第1セットの5本のブレークポイントをしっかりセーブ。第2セットもブレークポイントはゼロ。ストレートでこの試合を制した。

調子は上向きのチリッチ。今季2人は8月に対戦しており、錦織が勝利している
調子は上向きのチリッチ。今季2人は8月に対戦しており、錦織が勝利している【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 チリッチはシーズン後半から調子を戻し、ウィンブルドンでベスト8、全米オープンでもベスト4まで駒を進めた。ただ、その後足首を痛めてしばらくコートを離れ、前週の深センオープンで復帰してベスト4。現在、故障は完全に癒えていると言い、今大会の1回戦でドナルド・ヤング(米国)とフルセットを戦ったことで、再びペースを取り戻したようだ。


「来日が遅れて連戦になっているけれど、全米オープンの後は試合からも離れ、体力的には十分にフレッシュだ。きょうは風が強かったが、コート環境にも慣れてきた。ケイとの試合を楽しみにしている」

準決勝にも難敵が控える

 ベスト8が出そろったところで気になるのは、錦織の予想対戦相手だろう。チリッチを切り抜けたとして、準決勝の相手はブノワ・ペール(フランス)とニック・キルギオス(オーストラリア)の勝者になる。ペールは今年の全米オープン1回戦で敗れた相手であり、一方のキルギオスも今年のテニスシーンをいろいろとにぎわせた20歳の新鋭と、まだまだ難関が控えている。

準決勝では、注目の新鋭であるキルギオスとぶつかる可能性も
準決勝では、注目の新鋭であるキルギオスとぶつかる可能性も【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 1回戦でフルセットで辛勝と苦しんだそのキルギオスは、この日はセンターコートに入り、パワフルなショットにトリッキーなリターンを交えて本領を発揮した。世界ランキング22位と格上のロベルト・バウティスタ・アグト(スペイン)に対し、ブレークポイントを1本も与えずにストレート勝ち。今シーズンは錦織やチリッチの下の世代、ニュージェネレーションの台頭が目立ったが、その旗頭がこのキルギオスだ。


 テニスは勝負優先か、楽しみ優先かの質問に、キルギオスはこう答えた。


「楽しいことが好きだし、人々を楽しませたい。僕はまだ若いから、勝負と楽しみのバランスがまだとれていない。これから経験を積んで、良いバランスのテニスができるようになりたい」


 今シーズンは、いくつかの舌禍(ぜっか)事件でメディアや祖国のテニス協会からバッシングされただけにおとなしくしているが、悪ガキらしい片りんもチラリと見せた。世界中で話題になっているロジャー・フェデラー(スイス)のレシーブでのネットダッシュ、SABR(Sneak Attack By Roger)。キルギオスはこの日、それによく似たレシーブを何度か試みた。


「本当のことを言えば、僕はロジャーがやる2、3年前からやっているんだ。Sneak AttackじゃなくStolen Attack(盗まれた攻撃)だったりして……」


 その他では、予選上がりのオースティン・クライチェク(米国)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)を倒し、準々決勝で第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)に挑戦する。


(文:武田薫)


◆◆◆ WOWOW番組情報(PR) ◆◆◆


■楽天ジャパンオープンテニス


 10月5日(月)〜11日(日)連日生中継[初日無料放送]


日本テニス界の歴史を塗り替え続ける錦織圭が凱旋! 国内で行なわれる唯一のATPツアーの模様を連日生中継でお伝えする。


詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ。

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント