sportsnavi

背負うものが多すぎた南野拓実
セレッソ大阪、3度目のJ2降格が決定

不調を象徴する“中盤の間延び”

鹿島に敗れ、C大阪の2006年以来3度目となるJ2降格が決まった
鹿島に敗れ、C大阪の2006年以来3度目となるJ2降格が決まった【写真:FAR EAST PRESS/アフロ】

 ホーム・ヤンマースタジアム長居の空に、タイムアップのホイッスルが鳴り響いた瞬間、セレッソ大阪の3度目のJ2降格が決まった。そのとき、スタジアムに詰めかけた多くのサポーターは黙り込み、勝利したアウェーの鹿島アントラーズサポーターのチャントだけが響いていた。


 1−4の敗戦。鹿島に終始ペースを握られ、効率よく得点を重ねられた。攻撃は単発に終わり、永井龍が後半24分に挙げた1点に留まった。


「勝てばまだチャンスがあるし、残留に望みをつなぐために絶対に勝ちたかった。1点目を取られて、出ばなをくじかれた感じはあったけど、やり直そうと全員で慌てず試合を運んでいた。2失点目で突き放されて苦しくなるし、いつもよりもっと難しく感じた」


 試合後、多くの報道陣に囲まれた南野拓実は、小さな声でこう語った。この試合、彼は正直何もできなかった。前半はFWとしてプレーするが、ボールが来ない。今年のチームの不調を象徴する“中盤の間延び”。守備面ではどこでボールを奪って、どう攻めていこうとしているのが不明確だった。奪いどころがあいまいなため、中盤をコンパクトにできない。中盤が間延びし、攻撃は単発、守備は数的不利になることが多く、失点が増える。まさに悪循環に陥っていた。


 その中で前線でのフィニッシュワークを得意とする南野は、高い位置でのポジション取りはするが、ボールが来ず、プレーの回数が減る。そしてボールを受けに中盤に落ちるが、実力のある相手だと、積極的なビルドアップにより中盤に厚みを作られ、今度は中盤から前にボールが運べなくなる。まさに悪循環だった。

降格の瞬間をベンチで迎える

 鹿島戦もまさにその流れだった。前半から南野と永井は前線で孤立していた。鹿島の柴崎岳と小笠原満男のダブルボランチ、右MFの遠藤康が的確な状況判断で、スライドしたりチャレンジ&カバーをすることでC大阪の中盤の自由を奪うと、試合は次第に鹿島ペースに。前半33分に左右に振られ、右からの折り返しを、ファーサイドでフリーとなったMFカイオに決められ、先制点を許す。後半に入って、大熊裕司監督はMF楠神順平に代えて、カカウを投入。カカウがFWに入り、南野は左サイドハーフにポジションを移した。


 しかし、これで現状が変わる訳ではなかった。サイドに居てもボールが来ない。するとカカウと南野はボールを受けるために中盤に落ちることが多くなった。だが、それは逆に鹿島にとって、積極的にビルドアップができ、中盤の守備を強化できる格好の呼び水となってしまった。それが2失点目につながった。まさに前述した悪循環。


 そして、後半19分、南野は交代を告げられ、ピッチを後にした。その後、チームは2失点を喫し、降格を告げるホイッスルを南野はベンチに座って耳にした。エースのはずなのに、結果を残せず、ベンチで降格を味わう。これは彼にとってあまりにも残酷で、言い現せない悔しさを生み出すものであった。

背負わなければならなかった過度の重圧

補強の目玉だったフォルラン(右)が振るわず、柿谷も移籍。南野の背負う重圧は大きかった
補強の目玉だったフォルラン(右)が振るわず、柿谷も移籍。南野の背負う重圧は大きかった【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 南野拓実は昨年、高卒ルーキーではクラブ史上初の開幕スタメンを飾ると、第14節のジュビロ磐田戦で、クラブのJ1最年少得点記録を更新。以降もバイタルエリアで見せる躍動感溢れるプレーで、チームの主力としてリーグ戦29試合に出場し、5得点という活躍を見せると、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。その名は一気に全国区となった。


 しかし、皮肉にもこの1年目の活躍が彼への重責を増大させてしまった。話は試合後のミックスゾーンに戻る。記者たちの質問に、しっかりと答える彼だったが、質問が後半19分での交代に及んだとき、彼は少し言葉に詰まった後、こう語った。


「……効果的にボールに関われていなかったし、そこが課題だと思います……。チームのためになれなかったのが悔しいし、今はあんまり考えられないですね……」


 これで囲みの輪が解けた。去り行く後ろ姿を見て、彼が背負っていた重荷が手に取るように分かった。まだ成人していない彼が、今年ずっと背負ってきたもの。それはあまりにも大きく、そして過酷なものであった。


 香川真司、乾貴士、清武弘嗣、柿谷曜一朗……日本を代表する才能たちの系譜を継ぐ者として、彼は若くして周囲の期待を一身に背負った。しかも、柿谷が今季途中の7月にスイスのバーゼルに移籍したため、より周囲の期待は彼に集中してしまった。


 香川と乾はブレイクした時期はほぼ一緒で、清武もプロになって2チーム目となる移籍選手だった。柿谷もトップ昇格後、当時J2だった徳島ヴォルティスで2シーズンを過ごした後に古巣に復帰してからエースの期待を背負った。だが、南野はプロ2年目にして、その重圧を背負わなければならなかった。


 チームも今季はディエゴ・フォルランを補強するなど、強化体制を敷きながらも、序盤から思うように勝ち点を重ねられなかった。悪循環の予兆はあった中、柿谷の移籍もあり、さらに苦しい状況に追い込まれていく。柿谷移籍直後の5試合ではわずかに2得点と、チームはゴールから見放され始める。第20節(8月16日)の川崎フロンターレ戦では4得点を奪い、南野も今季初ゴールを挙げたが、4−5で敗戦。その後は再びゴールが遠い試合が続いた。

安藤隆人
安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント