IDでもっと便利に新規取得

ログイン

K-1初代王者ゲーオ インタビュー
「私は誰の挑戦でも受けて立ちます」
トーナメントを制しK−1−65kg初代王者となったゲーオ・フェアテックスは「今までの人生で一番うれしい」と笑顔
トーナメントを制しK−1−65kg初代王者となったゲーオ・フェアテックスは「今までの人生で一番うれしい」と笑顔【(C)M-1 Sports Media】

 11月3日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K−1 WORLD GP 2014 〜−65kg初代王座決定トーナメント〜」。過酷なワンデートーナメントを制して、K−1−65kg初代王座に就いたのはゲーオ・フェアテックスだった。大会翌日、ゲーオにトーナメントを振り返ってもらうとともに、K−1王者になった喜びを聞いた。

K−1王者が今までの人生で一番うれしい

山崎、久保、左右田という日本のトップ選手を倒し“日本人キラー”を発揮
山崎、久保、左右田という日本のトップ選手を倒し“日本人キラー”を発揮【中原義史】

――−65kg初代王座決定トーナメント優勝おめでとうございます。試合が終わったあとはどのように過ごされていたのですか?


 ウィラサクレックジムの近くでタイ料理を食べに行きました。


――夜はゆっくり寝ることはできましたか?


 身体全身が痛かったので、かなり夜遅くまで起きていました。


――選手によっては試合の日は興奮して眠れない人もいるそうですが、ゲーオ選手はいかがですか?


 時にはそういうこともありますね。でも興奮すると頭が痛くなってしまうので、なるべくそうならないように気をつけています。


――さて昨日は過酷なワンデートーナメントでしたが、一夜明けてゲーオ選手にとってはどんなトーナメントでしたか?


 やはり全試合とも相手が自分よりも身体が大きかったので疲れました。


――ゲーオ選手にとっては体格的な部分で最も苦戦したということでしょうか?


 それもありますし、あとはルールの違いも感じました。


――ただゲーオ選手は一日3試合戦ったとは思えないほど顔もきれいで、K−1ルールに対応して戦っているように思いました。ご自身ではどう感じていますか?


 どうでしょう……私にとっては3試合とも厳しいものだったので、勝ててよかったなという気持ちです。


――ではそれぞれの試合についても聞かせてください。1回戦の山崎秀晃戦はゲーオ選手の強さが存分に発揮された試合で、山崎選手は顔面を骨折して手術することになったそうです。


 最初の試合は自分自身まだパワーもあったので、それぞれの技をきちんと、そして重い攻撃を出せたと思います。自分の思い通りに試合運びができたと感じています。


――準決勝の久保優太戦では1Rにやや苦戦する場面があったものの、2Rに右フックを叩き込んで衝撃的なKO勝利でした。


 初戦はお互いに力がある状態で、山崎選手も蹴りを返してくる印象だったのですが、準決勝は久保選手が疲れているのも分かったので、そこで上手くパンチを当てることができました。


――ではゲーオ選手としてはそこまで苦戦したという印象はなかったのですね。


 はい。私自身、苦戦したとは思っていません。


――久保選手は非常にディフェンスが上手くて、KO負けすることがほとんどない選手です。会場も大歓声と驚きの声に包まれましたが、久保選手をKOした瞬間はどんな気持ちでしたか?


 ファンの皆さんが私のKOを見て興奮している声を聞いて、自分もすごく興奮しました。心の内側から感情が湧き上がってきました。


――あまり感情を表に出さないゲーオ選手がコーナーに駆け上がって喜んでいる姿が印象的でした。


 すごくハッピーな気分になっていましたね(笑)。


――そして決勝の左右田泰臣戦ではゲーオ選手も疲れていて、非常にタフな試合だったと思います。どこが勝敗を分けたと思いますか?


 自分としては接戦だったとは思っていなくて、私の方が攻撃も出していましたし、攻撃が効いているのも分かりました。なので接戦だという意識はないですね。私は試合が終わった時、私が勝ったと思っていました。


――今、K−1のベルトがゲーオ選手の手元にあります。ずっと欲しかったベルトを手に入れて、どんな心境ですか?


 今までの人生で一番うれしいです。自分と自分のジムにとって、とても名誉なものだと思います。


――それだけゲーオ選手にとってK−1のベルトは特別なものなのでしょうか?


 やはりK−1は規模の大きなイベントで、賞金の額も大きいので、それがモチベーションになります。


――タイではムエタイがナンバーワンだと思いますが、K−1も同じように有名で価値があるものだとされているのでしょうか?


 技や技術に関してはムエタイが格闘技の中で一番で、K−1は日本で生まれたイベントだという認識です。

タイに戻ったら亡くなった父にベルトを見せたい

大会前に亡くなった父親に「最初にベルトを見せたい」
大会前に亡くなった父親に「最初にベルトを見せたい」【中原義史】

――大会前には「亡くなった父にベルトと勝利を捧げる」というコメントもありました。ゲーオ選手のお父さんもゲーオ選手が格闘技をやることを応援していたのですか?


 はい。いつも父からはチャンピオンになれるように全力を尽くして戦いなさいと言われていました。


――タイに戻ったら、すぐにお父さんのもとにベルトを持っていきたいですか?


 はい。父に最初にベルトを見せて、それからはジムで大切に保管したいと思います。


――ゲーオ選手は対日本人無敗で、昨日のトーナメントでも左右田、久保、山崎という日本のトップ選手に勝利しました。一日でこの3選手に勝ったとなると、ゲーオ選手に勝てる日本人がいるのか?と思ってしまいます。ゲーオ選手は日本でどんな試合を見せて行きたいですか?


 自分としては全試合で全力を尽くして、自分の中で一番いい試合を見せるだけです。


――そして1月18日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館で行われる「K−1 WORLD GP 2015 〜−60kg初代王座決定トーナメント〜」にスーパーファイトでの出場が決まりました。どんな相手と戦いたいですか?


 誰でも構いません。私は誰の挑戦でも受けて立ちます。


――これからゲーオ選手はいろんな選手に狙われる立場となります。どんな挑戦者でも退ける自信はありますか?


 とても大変なことだとは思いますが、自分としては出来る限りの準備をして戦っていきたいと思います。

K-1実行委員会

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント