sportsnavi

闘神GSPが“KO男”ジョニヘンと激突
UFC167見どころ
  • WOWOW

絶対王者GSPはあらゆる面で“完璧”を追求

6年間無敗を誇る“ウェルター級絶対王者”GSP
6年間無敗を誇る“ウェルター級絶対王者”GSP【(C)Photo Courtesy of UFC】

 11月16日(現地時間)にラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されるUFC167。この大会は、1993年11月のUFC初開催から20周年を記念する大会となる。そんな節目となるイベントだけに、UFCも好カードを用意してきた。6年間無敗を誇る“ウェルター級絶対王者”ジョルジュ・サン・ピエール(GSP)の防衛戦だ。挑戦者は、一撃必殺のKOパンチを持つ“ジョニヘン”ことジョニー・ヘンドリックス。

 また、セミでは、8月に元PRIDE&UFC王者ショーグンに一本勝ちし、ヴァンダレイ・シウバにもケンカを売ったチェール・ソネンが、ダン・ヘンダーソンやクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンを破った元ライトヘビー級王者ラシャド・エバンスに挑む。こちらも見逃せない一戦だ。


 カナダ出身の王者GSPは、空手家だった父の勧めで6歳から極真空手を始め、十代半ばでブラジリアン柔術を始めた。総合格闘家となった後はムエタイ修行のためにタイに出かけたり、NYのヘンゾ・グレイシー道場やブラジルのノヴァ・ウニオンに柔術特訓に行ったり、マニー・パッキャオの師匠フレディー・ローチの下でボクシング特訓をしたり、レスリングの五輪カナダ代表選手とレスリング特訓をするなど、あらゆるジャンルで最高の師匠やパートナーを求めて修行の旅をし、常に進化し続けている。


 今年3月のニック・ディアス戦の前にはボクシング元IBFスーパーミドル級王者ルシアン・ブーテとスパーリングをし、今回はタイのラジャダムナン・スタジアム現ミドル級王者ラムソンクラーン・チューワッタナーを招聘してムエタイ特訓をしている。また、元チームメートだったカルロス・コンディットと戦った際にいったん離れた名将グレッグ・ジャクソンや、GSPにとって最初の総合コーチだった“カナダ総合格闘界のパイオニア”クリストフ・ミードゥーらにもサポートを要請し、万全の態勢で今回の一戦に臨んでいる。

 さらに、ジョニヘンが試合3週間前にベガス入りして特訓するという情報を耳にすると、「ほんのわずかでも彼を有利にさせるわけにはいかない」と、自分のホームであるカナダのトライスター・ジム内にフルサイズのオクタゴンを設置し、試合時と同じ環境でスパーリングを重ねている。また、“ジョニヘンを破った唯一の男”リック・ストーリーもスパーリング・パートナーとして招き、徹底的なジョニヘン対策を行なっている。

 このように、一分の隙もない完璧な練習環境を作り上げて、防衛戦に臨むのが絶対王者GSPの強さの秘密だ。

“米国版星一徹”と五輪V2レスラーに鍛えられたジョニヘン

ウェルター級最高のパンチ力を持つジョニヘン
ウェルター級最高のパンチ力を持つジョニヘン【(C)Photo Courtesy of UFC】

 だが、ジョニヘンも、長年夢に見た王座を奪取するため、やはり万全の練習環境を作り上げてきている。

 もともと父の指導によってレスリングを5歳で始めたのだが、この父がまるで“アメリカ版星一徹”ともいうべきスパルタ親父で、5歳で腕立てを毎日150回、8歳になる頃には毎日500回もさせていたという猛烈ぶりなのだ。そんな指導の成果で高校時代には3年連続オクラホマ州王者になり、全米大会でも優勝する。オクラホマ州立大学に進むと、ソウル&バルセロナ五輪金メダルという栄光の経歴を誇るジョン・スミスのコーチを受け、全米学生選手権(NCAAディヴィジョン機砲覇麩覇を成し遂げ、オールアメリカンにも4度選出された。

 総合格闘技に転向後は15勝(8KO、1サブミッション)1敗という素晴らしい戦績を上げているが、KOした相手には、9年間KO負けがなかった“不沈艦”ジョン・フィッチもいる。しかもGSPですら判定勝ちしかできなかったフィッチを、わずか12秒でKOしてしまったのだ。その後も強豪マーティン・カンプマンを46秒でKOしており、そのパンチ力はウェルター級最高と言っていいだろう。

「たしかにGSPはハードパンチャーと戦ってきているが、俺のように遠い間合いから飛び込んでパンチを叩き込める男とはやっていない」とジョニヘンは豪語する。実際、あの強烈な左がヒットすれば、GSPでも立ってはいられないだろう。


 今回の決戦に向けてジョニヘンは大学時代の師匠スミスのもとにいって指導を仰ぎ、スパーリング・パートナーには大学時代のチームメートでロンドン五輪銅メダリストのコールマン・スコットらを招いて猛特訓に励んでいる。


6年間無敗で11連勝中のGSPと、6連勝中の“一撃KO男”ジョニヘンのタイトル戦。UFC20周年記念大会にふさわしい大激闘が期待される。


(文:稲垣 收――WOWOW UFC解説者)

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★生中継!UFC−究極格闘技− UFC167 8ヶ月ぶりのGSP降臨! 

8カ月ぶりの試合を迎えるGSPが“パウンド・フォー・パウンド”に向け突き進むのか? ジョニー・ヘンドリックスが悲願のUFCタイトルを獲得するのか? いよいよ激突!

11月17日(日)午後0:00〜[WOWOWライブ]※生中継


<ウェルター級タイトルマッチ>

[王者]ジョルジュ・サン・ピエール

[挑戦者]ジョニー・ヘンドリックス


<ライト・ヘビー級>

ラシャド・エバンス

チェール・ソネン


★生中継!UFC−究極格闘技− UFC167.5 THIS IS UFC! “マイティマウス”登場!フライ級タイトル

メインカードはUFCフライ級の初代チャンピオン、デメトリアス・ジョンソンの防衛戦。バンタム級には、UFCの人気者ユライア・フェイバーが登場。

12月15日(日)午前10:00〜[WOWOWライブ]※生中継


<フライ級タイトルマッチ>

[王者]デメトリアス・ジョンソン

[挑戦者]ジョセフ・ベナビデス


<バンタム級>

ユライア・フェイバー

マイケル・マクドナルド


<ウェルター級>

カルロス・コンディット

マット・ブラウン


★生中継!UFC−究極格闘技− UFC168 史上最高のリマッチ!ワイドマンVSアンデウソン・シウバ

総合格闘技無敗を誇るチャンピオン、ワイドマンの初防衛戦の相手はシウバ。前回対戦で王座陥落と初黒星を喫し、リベンジに燃えるシウバとのミドル級頂上決戦第2ラウンド!

12月29日(日)午後0:00〜[WOWOWライブ]※生中継


<ミドル級タイトルマッチ>

[王者]クリス・ワイドマン

[挑戦者]アンデウソン・シウバ


<女子バンタム級タイトルマッチ>

[王者]ロンダ・ラウジー

[挑戦者]ミーシャ・テイト


<ヘビー級>

トラヴィス・ブラウン

ジョシュ・バーネット


★UFC登竜門TUF 美女と野獣!?ダブルトーナメント

全米大ヒットのリアリティ・ショー、TUF。今シーズンは初の女子コーチ、男女混合合宿生活。UFCとの正式契約と10万ドルの賞金を掛けてガチンコバトルを繰り広げる!

12月2日(金)スタート!(全13回)

毎週月曜深夜0:00〜[WOWOWライブ]

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント