シナが脅威の回復で世界ヘビー級王座挑戦
WWE『ヘル・イン・ア・セル』プレビュー

世界ヘビー級王者デル・リオ対シナ

シナ(右)は復帰戦でデル・リオ(左)を倒しベルトを手にする事ができるのか?
シナ(右)は復帰戦でデル・リオ(左)を倒しベルトを手にする事ができるのか?【(C)2013 World Wrestling Entertainment,Inc. All Rights Reserved】

 鋼鉄の金網に囲まれたリングで激闘が繰り広げられるWWE「ヘル・イン・ア・セル」がいよいよ日本で放送。注目の試合を紹介したい。


 故障によって2カ月近く欠場しているジョン・シナだが、予想よりも早い復帰が見られそうだ。

 シナは「ヘル・イン・ア・セル」で現世界ヘビー級王者アルベルト・デル・リオを相手に、3度目の世界ヘビー級王座戴冠に挑戦する。


 上腕三頭筋を断裂したシナは、現地時間8月19日放送のRAWを最後に欠場している。

 手術は無事に成功したが、完治までは6カ月を要すると言われていた。しかし、10月27日に開催される「ヘル・イン・ア・セル」での世界ヘビー級王座戦までに復帰が間に合いそうだ。


「バトルグラウンド」翌日に行われたRAW(現地10月7日放送)で、スマックダウンGM、ヴィッキー・ゲレロが現王者デル・リオに対して、「ヘル・イン・ア・セル」でシナがデル・リオが保持する世界ヘビー級王座に挑むと発表した。

 この発表にデル・リオは驚愕したが、ファンは歓喜した。

 そして、シナ本人もツイッター上でこうコメントしている。


(ツイッター内容訳)

「みんなもRAWの発表を聞いたと思う。『ヘル・イン・ア・セル』でデル・リオと世界ヘビー級王座を懸けて闘うことになった。チャンプが……帰ってくるぞ!」


 シナの回復は医師や周囲の予想を超えたスピードだったが、彼の身体能力と、WWEを牽引していこうとするリーダーシップを知るファンならば、決して驚かないだろう。シナは、常に周囲の予想や期待を上回る結果を残してキャリアを築いてきたのだ。

 シナの早期復帰は、デル・リオの王政終了を意味するものになるかもしれない。


「バトルグラウンド」で、デル・リオはベテラン、ロブ・ヴァン・ダムと対戦し、RVDが得意とするハードコア・ルールの王座戦で下した。

 今回シナの挑戦を受けるデル・リオに有利な点があるとするならば、2カ月近くリングから遠ざかっていたシナの試合勘の鈍化だろうか。


 RVDを撃破して、ますます勢いに乗るデル・リオがシナをも退けてWWEにおける影響力をますます強めていくのか。それとも、シナがカムバックと共に劇的な勝利と世界ヘビー級王座奪取を果たすのだろうか。

WWE王座戦 ブライアン対オートン

オートン(左)とブライアン(右)が因縁の対決に決着をつける
オートン(左)とブライアン(右)が因縁の対決に決着をつける【(C)2013 World Wrestling Entertainment,Inc. All Rights Reserved】

 現在空位が続くWWE王座を懸けて、ランディ・オートンとダニエル・ブライアンは「ヘル・イン・ア・セル」で再び対決することになった。

 試合形式は、PPV大会の名称そのものである、WWE史上最も過酷な試合形式だ。

 そしてこの試合を裁くレフェリーには、ショーン・マイケルズが特別ゲストとして起用されることも決まった。


 サマースラム以降、WWE上層部とオートン、そしてブライアンの思惑が激しく絡み合い続けている。

「バトルグラウンド」でのWWE王座戦では、オートンとブライアンは凄まじいまでのシーソー・マッチを展開した。しかし試合終盤、ビッグ・ショーがレフェリー、ブライアン、オートン全員をKOするという異常事態が発生。

 この結果を受けて、翌日のRAWでステファニー・マクマホンがRAWのGM、ブラッド・マドックスに「ヘル・イン・ア・セル」でWWE王座戦をラインナップするように命じた。


 この夜、「ヘル・イン・ア・セル」でのWWE王座戦を裁く特別ゲストレフェリーがファン投票で決められ、3人のWWE殿堂者の中からHBKことショーン・マイケルズが選ばれた。


「ヘル・イン・ア・セル」という試合形式は、これまで様々な対立と混乱を生み続けているWWE上層部、オートン、ブライアンの争いに決着をつけるにはうってつけの試合形式だと言えるだろう。


 高さ6メートル、天井まで金網で取り囲まれた闘いの場は、シールドやビッグ・ショーなど、外部からの介入を防ぐのみならず、オートンとブライアンにも逃げ場がない。

「バトルグラウンド」のWWE王座戦では、ビッグ・ショーの介入寸前まではブライアンのイエス・ロックに捕まってオートンはタップ寸前だった。

 そのオートンは、どんなスーパースターだろうと容赦されない過酷な空間、「ヘル・イン・ア・セル」でのWWE王座戦決定に対してどんな心境だろうか?


 この他にもCMパンク対ライバック&ポール・ヘイマンのハンディキャップ形式ヘル・イン・ア・セル戦、AJ・リーとブリー・ベラのディーバズ王座戦など、見どころ盛りだくさんとなっている。どうぞ、お見逃しなく!


The names of all World Wrestling Entertainment televised and live programming, talent names, images, likenesses, slogans and wrestling moves and all World Wrestling Entertainment logos are trademarks which are the exclusive property of World Wrestling Entertainment, Inc. All other trademarks are the property of their respective owners. (c) 2013 World Wrestling Entertainment, Inc. All Rights Reserved

WWEモバイル

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント