“真の世界最強”を決めるヘビー級王座戦
“KIDの愛弟子”堀口がUFCデビュー
  • WOWOW

「UFC166」はKO必至の“剛腕祭り”

20日の「UFC166」でオクタゴンデビューする修斗世界フェザー級王者・堀口
20日の「UFC166」でオクタゴンデビューする修斗世界フェザー級王者・堀口【t.SAKUMA】

 10月19日に米国テキサス州ヒューストンで開催される「UFC166」(日本時間20日午前11時よりWOWOWにて生中継)。メーンのヘビー級タイトルマッチでは、王者ケイン・ヴェラスケスと前王者ジュニオール・ドス・サントスが激突。どちらもヘビー級屈指のハードパンチャーの両者は、これまで1勝1敗。今回が因縁のラバーマッチであり、真の“世界最強の男”を決める最終決戦だ。


 また、今大会には山本“KID”徳郁(のりふみ)の弟子で、修斗フェザー級王者の“KOマシン”堀口恭司も初参戦する。

 さらに、セミファイナルにはジョシュ・バーネットを破ってストライクフォース・ヘビー級GP王者となったダニエル・コーミエも出撃。ミルコにTKO勝ちしたロイ・ネルソンと剛腕対決。

 そして、川尻達也、石田光洋をTKOで下し、青木真也も破った元ストライクフォース・ライト級王者ギルバート・メレンデスも参戦。

 まさに“剛腕祭り”と呼ぶべき豪華な大会になっている。

レスナーをKOした王者対ミルコをKOした前王者

 王者ヴェラスケスは、大学時代にレスリングで2度オール・アメリカンに選出された実績を持ち、レスリング力と強烈なパンチ、キックを活かして、これまで“怪物”ブロック・レスナーや、“柔術マジシャン”アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、アントニオ・シウバ(ヒョードルとアリスター・オーフレイムをTKOした男)らをマットに沈めている。

 一方、前王者ドス・サントスはノゲイラの弟子だが、寝技よりもパンチが強烈無比で元PRIDE無差別級王者ミルコ・クロコップ、元リングス無差別級王者ギルバート・アイブル、元K−1王者マーク・ハント、元UFCヘビー級王者フランク・ミアらを(T)KOしている。


 両者の1度目の対戦は、一昨年11月。この時王者だったヴェラスケスに挑戦したドス・サントスは、ヴェラスケスのタックルを防御し、右のオーバーハンド・パンチ一発でダウンさせ、パウンドで追撃して1R・64秒でKOし、ベルトを奪取したのだった。

 2度目の対戦はそれから13カ月後、去年の12月29日に行なわれ、この時は5Rにわたってヴェラスケスがパンチ、キックを叩き込み、タックルで倒してパウンドするなど終始ドス・サントスを痛めつけ、判定でベルトを奪い返した。

 そしてこの第2戦から10カ月をおいて、今回ラバーマッチとなったのである。


 第2戦後、ヴェラスケスはアントニオ・シウバとリマッチし、“K−1&DREAM&ストライクフォース王者”アリスターにKO勝ちたばかりのシウバを、わずか81秒でKOして見せた。

 ドス・サントスも、グラウベ・フェイトーザ(極真空手出身でK−1でも準優勝)らと特訓し、剛腕パンチに加えて蹴りという新たな武器を身につけ、元K−1王者マーク・ハントを後ろ回し蹴りでKOし、成長ぶりを示した。

 それぞれ強さを増した新級王者対決は、過去2戦以上に激しい戦いになりそうだ。

元UFC戦士を破った堀口がオクタゴン・デビュー

「VTJ」では元UFC戦士とパンクラス王者に連勝
「VTJ」では元UFC戦士とパンクラス王者に連勝【t.SAKUMA】

 山本“KID”徳郁の弟子の堀口恭司は、昨年12月に日本の金網大会「VTJ 1st」で元UFC戦士イアン・ラブランドに勝利し、この3月には扇久保博正にチョークで一本勝ちして修斗フェザー級世界王者となった選手。そして6月には「VTJ 2nd」でパンクラス王者の石渡伸太郎をKOしている。石渡は昨年9月の修斗で宇野薫を破った強豪だ。これらの実績を認められ、今回UFC参戦が決まったのである。


 5歳から始めた空手をベースとし、遠い間合いから飛び込むようにして放つパンチが強烈で、総合11勝1敗という戦績の内、7つのKO勝ちがあるストライカーだ。

 相手のダスティン・ペイグはUFCの登竜門番組TUFのシーズン14に出場し、同番組のトーナメント優勝候補だったルイス・ゴーディノを破り、シーズン・ベスト・ファイト賞を受賞した選手。総合11勝(3KO、8サブミッション)8敗で、11勝はすべて完全決着だ。

 ペイグはここのところ3連敗中だがすべて判定負けで、しかも2つは大激戦の末の1−2のスプリット判定だ。TUFも含めてオクタゴンの戦いを7試合経験しているし、4連敗を避けるため背水の陣の覚悟でこの試合に臨むはずなので、堀口にとって決して侮れない相手である。

 堀口が得意の“飛び込みパンチ”でUFCデビュー戦を飾れるか。大きな期待がかかる一戦。


(文:稲垣 收――WOWOW UFC解説者)


■詳しくはUFC 番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/ufc)へアクセス!

http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆


★生中継!UFC−究極格闘技− UFC166 THIS IS UFC! ヴェラスケスvsドス・サントス

対戦成績1勝1敗で迎える3度目の対戦。因縁浅からぬヴェラスケスとドス・サントスによるヘビー級頂上決戦は、緊張感あふれる一撃必殺の展開になること必至だ!

10月20日(日)午前11:00〜[WOWOWプライム]※生中継

<主な対戦カード>

ヘビー級タイトルマッチ:ケイン・ヴェラスケス vs ジュニオール・ドス・サントス

ヘビー級:ダニエル・コーミエ vs ロイ・ネルソン

ライト級:ギルバート・メレンデス vs ディエゴ・サンチェス

バンタム級:堀口恭司 vs ダスティン・ペイグ



★生中継!UFC−究極格闘技− UFC167 8ヶ月ぶりのGSP降臨!

8カ月ぶりの試合を迎えるGSPが“パウンド・フォー・パウンド”に向け突き進むのか? ジョニー・ヘンドリックスが悲願のUFCタイトルを獲得するのか? いよいよ激突!

11月17日(日)午後0:00〜[WOWOWライブ]※生中継

<主な対戦カード>

ウェルター級タイトルマッチ:ジョルジュ・サン・ピエール(GSP) vs ジョニー・ヘンドリックス

ライト・ヘビー級:ラシャド・エヴァンス vs チェール・ソネン

WOWOW

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント