IDでもっと便利に新規取得

ログイン

競歩・西塔拓己「持ち味を生かしたレースを」=世界陸上6位入賞インタビュー
男子20キロ競歩で6位入賞を果たした西塔が、過酷なレースを振り返った
男子20キロ競歩で6位入賞を果たした西塔が、過酷なレースを振り返った【写真は共同】

 陸上の世界選手権(ロシア・モスクワ)も18日にいよいよ最終日を迎える。今大会における日本選手団の目標は「メダル1、入賞5」と設定されており、最終日を迎える前に、すでにこの目標は達成された(メダル1、入賞6)。


 この“入賞”選手の1人となったのが、男子20キロ競歩の西塔拓己(東洋大)だ。昨年のロンドン五輪では25位という結果に終わったが、今大会は前半から持ち前の積極的なレースを見せ、日本記録保持者の鈴木雄介(富士通)を上回る1時間22分9秒で6位入賞を果たした。


 スポーツナビでは、帰国直前の西塔にインタビューを行い、レースの感想や、今後の目標などについて話を聞いた。

仲間からのお祝いメール「本当にうれしい」

――6位入賞という結果についての感想は?


 まだ実感はないですが、レースを振り返ってみると、自分のレースがしっかりできましたし、実力もしっかり出し切ったと思います。ただ課題点も見つかり、ラストの1キロで2人の選手に抜かれてしまったというのが、自分の中ではまだまだだなと。悔しいし、力不足だなと思っています。


――すでに次のステップに向けて課題が見えてきているのですね


 そうですね。次のレースや大会に向けて気持ちを切り替えようと思っています。


――入賞後は、電話やメールなどの連絡をありましたか?


 いや、あまりないです(笑)。ただ、(大学の)陸上部のみんなからは『おめでとう』って(メールが)届きました。


――内容はどのような文面でしたか?


 とりあえずみんな「すげー」とか。自分としてはこのようなメールをもらって、本当にうれしいの一言しかないですね。

「今までで一番きついレースでした」

――レースを振り返ります。序盤、レースを引っ張る形で先頭に立ちました。


「最初に出るというのは、レース前から決めていたことでした。自分のペースで20キロ歩き切ると決めていたので、怖くなったりとか恐怖心は全然なかったです。


――現地は前日から30度近い暑さで、レースをするには厳しい天気だったと思うのですが、緊張することはなかったのでしょうか?


 全然暑さは気にもならなくて、逆に暑ければ暑いほうが有利かなと思っていました。高校の頃から、インターハイなどで暑いレースは経験してきたので、恐怖心はなかったです。


――レース前は『もっと暑くなれ』と思っていた、と?


 そうですね。レースの日は雨になると聞いていましたが、『何で雨なんだよ』って思っていました。でも、実際は晴れてくれて、天気が味方してくれたなと思います。


――今まで経験した中では、まだ楽な暑さでしたか?


 全然楽な方でした。暑さでいえば、高校のインターハイがきつかったですね。ただ、今回は距離とか肉体面とかを含める、今までで一番きついレースでした。


――6キロ付近で後ろから追い上げられ、先頭から離れました。その時はどんな気持ちでしたか?


 自分が予想していたよりも早く抜かれてしまって、少し焦りましたが、そこはもう一度冷静になって周りをしっかり見よう、レースを判断しよう、と思っていました。第2集団の中には強い選手もたくさんいたので、自分の中では『ここについたら後半に潰れるかな』とは思っていました。でも、何とか粘ろうと。絶対に何人かは落ちてくるだろうと思っていたので、とりあえず入賞ライン(8位)にはしっかり落ち着いてついていって、落ちてきた選手を徐々に拾っていこうと思っていました。


――レース最後は4位で競技場に入りました。しかし、トラックに入ってから2人に追い上げられ、抜かれてしまいました


 ラストはほとんど記憶にない状態です。特にラスト2キロくらいからは今までにないくらいの体の重さで、足が動かなくなり、とりあえず前に行ってゴールしようって感じでした。


――そういう意味で今回のレースが一番過酷だったと?


 そうですね。体力面だったり肉体面を振り返るとそうでした。

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント