本田「自立していかに個を高めるか」
日本代表、ブラジルW杯出場決定会見
W杯出場決定記者会見に臨んだ選手たち。本田(左端)のコメントで笑いが起きるなど、会見は和やかな雰囲気で行われた
W杯出場決定記者会見に臨んだ選手たち。本田(左端)のコメントで笑いが起きるなど、会見は和やかな雰囲気で行われた【スポーツナビ】

 サッカー日本代表は5日、埼玉県内のホテルで2014年ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会出場決定記者会見を行った。オーストラリアとの激闘から一夜、ザッケローニ監督、選手26人が登壇し、5大会連続5度目のW杯出場を報告。安堵(ど)の表情を見せつつも、1年後に迫った本大会へ向けて決意を新たにした。


 会見の冒頭では、いつもの本田節で会場の笑いを誘った本田圭佑だが、話題がW杯やコンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)に及ぶと「日本のストロングポイントはチームワークだが、それぞれが自立した選手になって個を高められるかが重要」と自分だけでなく、周囲にもレベルアップを求めた。


 また、本田と並ぶエースとしてW杯出場に貢献した香川真司は「主力としてW杯出場に貢献できてうれしい。でも、現状は個人としてもチームとしても物足りない」と危機感を示し、W杯での活躍のためにさらなる向上を誓った。


 日本代表は今後、11日のアジア最終予選・イラク戦を経て、16日からブラジルで開催されるコンフェデ杯に臨む。日本は16日の開幕戦でブラジル、20日にイタリア、23日にメキシコと対戦する。

ザック監督「選手たちに感謝の意を述べたい」

会見に臨んだザッケローニ監督は、選手、スタッフ、そしてスタジアムで後押ししてくれたサポーターに感謝の言葉を送った
会見に臨んだザッケローニ監督は、選手、スタッフ、そしてスタジアムで後押ししてくれたサポーターに感謝の言葉を送った【スポーツナビ】

ザック監督 まずは、W杯出場が決められてうれしい。監督として招へいしてくれた日本サッカー協会に感謝の意を述べたい。チャンスをいただいたことや、陰ながら支えてくれたスタッフにも感謝している。そして、強くやってくれた選手には感謝しているし、信頼関係の強いメンバーだと思っている。


 それに、ここにいるメンバーだけではなく、これまで戦ってくれた選手にも感謝の意を述べたい。サッカーは選手が主人公。彼らがいなければ成り立たないもの。彼らなしでは私も含めてスタッフが頑張ってもいても成り立たない。その意味でも選手には感謝している。最後になるが、昨日のスタジアムのサポーターが作ってくれた雰囲気には感謝しているし、チームの後押しになった。もはや12人目ではなく、13人目、14人目の選手だと思っている。


 先ほど会長からもあったが、スポンサーの方々にも感謝している。彼らの助力なしではここまで来ることもできなかったと思っている。あとはここにいるメディアの皆さんにも感謝を伝えたい。3年間私のことを我慢していただいてありがとうございます。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント