IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セルビアの“イナット”がゲルマン魂に勝った日
48年ぶりの勝利をもたらした原動力

サッカー選手なのか バレーボール選手なのか

セルビアのGKストイコビッチ(中央)がポドルスキのPKをセーブ
セルビアのGKストイコビッチ(中央)がポドルスキのPKをセーブ【ロイター】

 ビディッチのペナルティーエリアでのハンドは衝撃だった。味方も敵もサポーターも、そして「訳が分からなかった」と話す本人もびっくり。初戦のクズマノビッチに引き続き、今度は守備の要であるビディッチが同じ過ちを犯したことで、セルビアだけが南アフリカでバレーボールのワールドカップ(W杯)に参加していたことが判明したのである。これはもう、お笑いの世界だ。

 それでも「結果良ければすべて良し」。セルビアはヨバノビッチのゴールを守り切り、ドイツに1−0で勝利。それは、48年ぶりの白星だった。GKのストイコビッチがポドルスキのPKを阻んだことで、一連の事件はセルビアが良質のドラマを作り上げるための最高のスパイスとなった。


 試合後にビディッチは語った。

「ストイケ(ストイコビッチの愛称)がPKを見事に止めてくれたね。本当に素晴らしい活躍を見せてくれたと思う。だから、彼に言ったんだ。『何か欲しい物があれば、何でも買ってやるぞ』って。でも、今思えば、その言葉は僕に向けられるべきものだね。だって、そうだろ。僕のハンドがなければ、彼がこの試合のヒーローになることはなかったんだから」

 完全なる勝者のコメントである。セルビア人は冗談好きで知られるが、さすがにここまで笑えない話を聞かされた記憶はわたしの人生にない。


 試合は確かに幾つかのドラマが潜んでいた。ビディッチのハンド、ストイコビッチのPKセーブはもちろん、ドイツにとってはクローゼの退場が痛かった。レーブ監督の当初のゲームプランが完全に崩された格好となったからである。また、主審の判定がセルビア寄りだったという意見もある。さらに両チームのシュートがゴールポストやバーに嫌われる場面も多く見られた。ただ、1つだけ言えるのは、実にアトラクティブな試合であったこと。多くのサッカーファンにとって、興奮冷めやらない試合になったのは間違いなさそうだ。

歴史は繰り返されるのか

決勝点を決めたヨバノビッチ(右)を祝福するジギッチ
決勝点を決めたヨバノビッチ(右)を祝福するジギッチ【(C) FIFA/FIFA via Getty Image】

 ドイツとの決戦前、セルビアの勝利を確信するサポーターは実に少なかった。そもそもセルビア(ユーゴスラビア時代も含める)はドイツを大の苦手としていた。1962年のチリ大会での勝利以来、W杯の舞台ではドイツ相手に白星を手にしていないのである。90年のイタリア大会の初戦でも1−4と完敗した。当時監督を務めていたのが日本でもおなじみのオシムである。98年のフランス大会では2−0とリードしていたにもかかわらず、最後は追い付かれて勝ち試合を落とした。ストイコビッチ“ピクシー”率いる黄金チームが、ゲルマン魂の力を見せつけられた瞬間であった。


 だからこそ、「歴史は繰り返される」のである。今大会は初戦のガーナ戦での負け方が悪かっただけに、チーム内にはネガティブな雰囲気が漂い始めていた。W杯予選の結果のせいか、本大会前の前評判は高かったセルビアが、南アフリカの地で何も残さずに帰国する可能性が一気に高まっていたのだ。「おれたちは結局、何も変わりやしないんだ」とサポーターは感じ始めていた。思えばセルビア・モンテネグロ代表として臨んだ前回大会のオランダ戦でも0−1と敗戦。続くアルゼンチン戦では0−6で大敗を喫した。悪夢が再びよみがえる。


 歴史的要因だけはない。果たして、クローゼ、ポドルスキ、エジルら、ドイツの強力な前線の選手をセルビア守備陣は抑えられるのか。確かにビディッチは世界でも屈指のセンターバックだ。しかし、初戦で退場処分を受けたルコビッチの代役を務めるのは、21歳と若いスボティッチだ。経験値が明らかに低いのは否めない。

セルビアの強さ“イナット”

喜ぶアンティッチ監督(中央手前)ら。セルビアがドイツに1−0で勝利した
喜ぶアンティッチ監督(中央手前)ら。セルビアがドイツに1−0で勝利した【ロイター】

 負ければグループリーグ敗退が決定的。そんな窮地に立たされた状況下で、セルビア人がよく使う言葉に“イナット”(意地)というものがある。悪あがきとは多少意味合いが違うが、セルビア人の強さはまさにその部分にある。

 セルビア人のスポーツにおいてのメンタリティーは実に単純である。波に乗ったときの勢いは他を圧倒する力を持つ反面で、「ああ、もうダメだ」と感じたときは本当にダメになる。初戦のガーナ戦の結果を受けて、チームのメンタリティーは後者になる一歩手前だった。だが、その精神状態でうまい具合に開き直ることができれば、実力以上の特別な力が発揮される。それが“イナット”なのだ。それがセルビアの隠された強さである。何もないどん底から、プラス効果を生み出す一種の超常現象と言ってもいい。


 13日のガーナ戦を経て18日のドイツ戦に至る過程で、アンティッチ監督は選手たちにどのような言葉を掛けたのだろうか。真実は選手のみぞ知るが、それでもドイツ戦前日に監督はメディアに対して次のように述べていた。

「すべての選手に求められることはただ1つ。強豪ドイツに勝つためには自身に潜在する特別なエネルギーを見つける必要がある」

 思うに、“特別なエネルギー”とは“イナット”を生み出すための原動力ではないだろうか。そして、ドイツ戦では見事に“イナット”とともに大金星を挙げたのである。ゲルマン魂よりも何よりも強い気持ちが、48年ぶりの勝利をもたらしたのだ。


「セルビアが勝利したことを誇りに思う。そしてセルビア人であることを誇りに思う」(アンティッチ監督)

 まさに、セルビア人によるセルビア人のための大勝利であった。


<了>

ブラディミール・ノバク/Vladimir Novak

1961年2月13日ウィーン生まれ。セルビア国籍。81年からフリーのスポーツジャーナリスト(主にサッカー)として活動を始め、現在は主にヨーロッパの新聞や雑誌などで活躍中。『WORLD SOCCER』(イングランド)、『SID-Sport-Informations-Dienst』(ドイツ)、日本の『WORLD SOCCER DIGEST』など活躍の場は多岐にわたる

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント