【マッチプレビュー】2022明治安田生命J3リーグ第26節 いわきFC対FC岐阜

いわきFC
チーム・協会

【©︎IWAKI FC】

2022明治安田生命J3リーグ第26節。いわきFCは9月25日(日)、JヴィレッジスタジアムにFC岐阜を迎える。

岐阜県内唯一のJクラブ・FC岐阜の誕生は、かつて県内のサッカーをリードした西濃運輸サッカー部の廃部がきっかけ。監督を務めていた勝野正之氏が県内のサッカーレベルの低下に危機感を訴え、岐阜県サッカー協会のバックアップを得たことで、2001年にFC岐阜が創設された(勝野氏は2005年まで監督を務めた)。

チームは同年、岐阜県リーグ1部に参戦。初年度から東海社会人リーグへの入れ替え戦に出場するなど、県内を席巻。2003年に岐阜県リーグ1部を全勝無敗で制し、入れ替え戦に勝利して東海社会人リーグ2部へと昇格する。

2005年に東海社会人リーグ1部に昇格すると、2006年に東海社会人リーグ1部を無敗で制し、全国地域リーグ決勝大会に初出場。決勝リーグでTDK(現ブラウブリッツ秋田)に次ぐ2位に入り、入替戦でも勝利。日本フットボールリーグ(JFL)参入を果たす。

そして2007年シーズン。チームはJFLで旋風を巻き起こす。開幕5連勝を果たし、シーズン後半に失速するも3位でJ2昇格。創設からわずか6年でJリーグ入りを決めた。

しかし、2008年からのJ2では苦戦が続く。2011年は6勝6分26敗で最下位の20位。その後も下位に低迷し、2019に22位でクラブ初のJ3降格となった。

1年でのJ2返り咲きを目指すも2020年は6位。2021年は元日本代表のMF本田拓也、柏木陽介を迎えて前半戦を2位で折り返すも、後半戦に失速。2シーズン連続6位でシーズンを終えることに。

■潜在能力はリーグ随一。屈指の好選手をそろえる。

今季のJ3では、開幕7試合で2勝1分け4敗と低迷。5月に三浦監督が退任し、ヘッドコーチの横山雄次氏が監督に就任。第25節終了時点での成績は9勝5分け11敗。勝ち点32で9位となっている。

フォーメーションは4バックが基本。至近3試合で起用したメンバーはGKが桐畑和繁、CBは主力が藤谷匠、服部康平、フレイレ、三國スティビアエブス。SBは左に宇賀神友弥、右に菊池大介、そして左右をこなす生地慶充。セントラルMFは本田拓也、柏木陽介、そして庄司悦大、吉濱遼平。SHは窪田稜、村田透馬。FWは田中順也、ンドカ・チャールス、石津大介、富樫佑太。そして今季はJ3リーグ2位の11得点を挙げている藤岡浩介ら。

潜在能力はリーグ随一。好選手をずらりとそろえ、選手層の厚さもトップクラス。J3屈指のデプスを形成する。

いわきFCとは7月10日のJ3第16節で初対戦。SB日高大がセットプレーから2ゴールを挙げ、いわきが2対1で競り勝っている。

【©︎IWAKI FC】

■11試合ぶりの黒星。連勝も5でストップ。

9月3日の第23節、ホームでAC長野パルセイロに勝利した後、アウェー2連戦を迎えた首位・いわきFC。9月11日の第24節・ギラヴァンツ北九州戦は1対0で勝利。これで10戦無敗の5連勝とし、勝ち点差4で首位をキープした。

【©︎IWAKI FC】

第25節の対戦相手は、4月17日の第6節にホームで敗れているFC今治。J3初黒星をつけられた相手との戦いは、台風14号が接近する悪天候の中、難しい展開となる。序盤からSB日高大らが積極的にシュートを放つも今治の守備に阻まれ、得点ならず。そして後半5分、今治のカウンターから失点。その後は堅守に阻まれ11試合ぶりの黒星。連勝も5でストップしてしまった。

悔しい負けを経て、チームはFC岐阜をいかに攻略するのか。村主博正監督の談話を紹介しよう。

■「先を見ても仕方なく、過去を振り返る必要もない。ひたすら今に集中する」村主博正監督

「FC岐阜さんはベテランの多いチームで、一人一人のクオリティが高い。前回の対戦は2対1で勝っていますが、どっちに転ぶかわからない試合展開の中、セットプレーでどうにか勝てただけ。岐阜さんにもチャンスはたくさんありました。

警戒すべき選手はセットプレーで入ってくるCB服部康平選手、フィニッシャーとして村田透馬選手や藤岡浩介選手、ンドカ・チャールス選手など。個と経験を持った選手の集合体なので、自由にやらせたら太刀打ちできません。彼らのよさを奪うコンパクトさと運動量が必要になってきます。

【©︎IWAKI FC】

前節に鹿児島と松本が勝ったことで、リーグが混沌としてきました。でも、まったく気にしていません。結局、何かを意識して結果が出ればいいですが、考えても仕方ない。先を見ても仕方ありませんし、過去を振り返る必要もない。やってみなければ何事もわからないので、ひたすら今に集中する。残り9試合を全力で戦うだけです」

■2位鹿児島、3位松本が連勝で肉迫。

混沌とするJ3リーグ。ここまで首位を走っていたいわきFCがアウェーで今治に敗れ、16勝6分け3敗の勝ち点54。2位の鹿児島ユナイテッドFC、3位の松本山雅FCがいずれも難しいゲームを1点差でモノにし、両チームが勝ち点53で迫っている。

今年のJ3リーグは例年になく、各チームの力量差が少ない。下位チームにも、アップセットを起こすポテンシャルは十分。例え上位にいようと、安易な取りこぼしが1試合も許されないことに変わりはない。終盤戦はさらに厳しいゲームが続いていくはずだ。

【©︎IWAKI FC】

明治安田生命J3リーグ第26節・FC岐阜戦は9月25日(土)13時より、Jヴィレッジスタジアムにてキックオフ。試合の模様はDAZNにてライブ配信される。

また、いわきFCの最新情報は現在、"魂の息吹く"noteにて配信中。本マッチプレビューについても厚みを増した形で記載しているので、ぜひチェックしてほしい。

そしていわきFCファンクラブ「LOVE IWAKI」も、会員を随時募集。入会は無料。チケットやグッズの会員限定価格で購入や、メルマガによる情報配信など多くの特典があるのでチェックしてほしい。

熱き戦いに、ぜひご注目を!
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「いわき市を東北一の都市にする」ことをミッションに掲げ、東北社会人サッカーリーグ1部を戦う「いわきFC」の公式アカウントです。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント