【マッチプレビュー】2022明治安田生命J3リーグ第18節 いわきFC対松本山雅FC

いわきFC
チーム・協会

【©︎IWAKI FC】

 2022明治安田生命J3リーグ第18節。いわきFCは8月7日(日)、Jヴィレッジスタジアムに松本山雅FCを迎える。

 松本山雅FCは、日本の長野県松本市、塩尻市、山形村、安曇野市などをホームタウンとするプロサッカークラブ。 オリジンは1965年、国体の長野県選抜選手を中心に作られた「山雅サッカークラブ」。2004年に運営元として「特定非営利活動法人アルウィンスポーツプロジェクト」が設立。将来のJリーグ入りを目指すクラブとして、北信越リーグ2部から再出発。2005年にチーム名を松本山雅FCに改称し、北信越リーグ1部に昇格する。

 悲願のJFL昇格を果たしたのが2009年。リーグで4位に終わるも、第45回全国社会人サッカー選手権大会で優勝。地決に滑り込み、一次ラウンドグループCを全勝突破。決勝ラウンドでは優勝のかかった3戦目で日立栃木ウーヴァSC(現・栃木シティFC)を破り、アルウィンに集った1万人を超えるファンの前で悲願のJFL昇格を果たす。

 2010年に株式会社松本山雅が設立。2011年にJ2昇格を果たし、2012年より反町康治監督を招聘。反町体制3年目の2014年にJ1昇格も2015年は16位に沈み、1年でJ2降格。3年後の2018年にJ2優勝を果たし、再びJ1に昇格する。

 2019年はリーグ戦で低迷。17位でJ2に降格し、8年にわたりチームを指揮した反町監督は辞任。2020年は13位。2021年も下位に低迷し、元ジュビロ磐田の名波浩監督を迎えたが、悪い流れを断ち切れず22位。クラブ史上初めてJ3に降格した。

■経験豊富な選手と外国人、有望な若手がバランスよく並ぶ。

 2022年は名波体制2年目。チームスローガン「One Soul 原点回起」を掲げ、モンテディオ山形からGKビクトル、ファジアーノ岡山から3年ぶりの復帰となるMFパウリーニョを獲得。新人では東京学芸大から住田将、流通経済大からFW菊井悠介、GK薄井覇斗らを迎えた。

 いわきFCとは、2022年6月26日の第14節で初対戦。試合は39分、DF日高大が左足一閃のゴール。いわきが先制するも、松本は前半終了間際と52分にMF外山凌がゴールを挙げ逆転。その後松本に退場者が出て試合は11人対10人となるも、松本は試合を確実にクローズ。いわきは1対2で敗れ、悔しいシーズン2敗目。松本はこの試合をきっかけに調子を上げ、4連勝を果たした。

【©︎IWAKI FC】

 だが7月。選手12名が新型コロナウィルス陽性となり、チームは足踏みを強いられる。第18節のいわきFC戦が延期となり、第19節のヴァンラーレ八戸戦はメンバーを大幅変更。GKに20歳の神田渉馬、DFに宮部大巳、IHに佐藤和弘、サイドに浜崎拓磨、そしてFWに17歳の田中想来が入ったが、後半にセットプレーから失点。0対1で敗れ、連勝は4でストップとなった。

 松本山雅FCは第19節終了時点での戦績は、11勝4分け3敗の勝ち点37。いわきFCとは勝ち点差1で、現在暫定4位となっている。コロナ禍の影響で名波監督も不在の中、選手達はどのような戦いを見せるのか。経験豊富なクラブゆえ、少なくともしっかりと立て直してくることだけは間違いない。

■苦しい展開で勝ち点1を得る。

 いわきFCは7月30日の第19節、上位を争う難敵・カターレ富山とマッチアップ。この試合も開始からプレッシャーをかけていった。富山は引いて守備を固め、ロングボールで裏を狙う。ここまで優れた決定力を示してきたFW大野耀平にボールを送るも、いわき守備陣が身体を張ってシュートを打たせない。

 試合は前半10分、意外な展開となる。富山DF林堂眞のFKが風で伸び、直接ゴールへ。カターレが思いもよらぬ形で先制。だがいわきも、15分過ぎから攻撃の形を作り始める。日高大、嵯峨理久の両SBが積極的に攻め上がり、FW谷村海那、MF山口、岩渕弘人らが相次いでゴールに迫るも、得点には至らない。

【©︎IWAKI FC】

 1点を追ういわきは59分、FW谷村に代え鈴木翔大、MF岩渕に代え今季初出場の杉山伶央、73分にはFW有馬幸太郎に代え吉澤柊を入れて、追いつきにかかる。86分には、MF山口に代えてFW有田稜を投入。この起用が当たった。

 87分、左サイドからMF山下優人が上げたクロスをFW吉澤が胸で落とし、これを有田が蹴り込んで同点。第3節・愛媛FC戦に次ぐファーストタッチでのゴールとなった。交代出場中心ながら今季4ゴール目を挙げた有田の活躍で、いわきFCは勝ち点1を積み上げた。

【©︎IWAKI FC】

■「いつも通り、どんどん前に攻めていきたい」村主博正監督。

「富山戦のポイントは、先に失点してしまったことでした。おそらく相手のミスキックだと思いますが、風でいきなりボールが伸び、GKが読み切れなかった。これは仕方ない失点だと割り切りました。

 試合を通じてこちらが攻める時間帯が多い中、ただボールを回させられるのではなく、意図的に相手を動かして展開していく工夫が見えたのは選手達の成長だと思っています。

【©︎IWAKI FC】

 同点ゴールを挙げたFW有田は、スターティングメンバーにはなかなか入れていなかった。『今の状況をどうにかしよう』という強い気持ちで入ってくれました。FWの仕事はゴールという結果を出すこと。今回しっかりと価値を示してくれましたし、今後は『こいつなら必ずどうにかしてくれる』と周りに信頼される選手に成長してほしいです。

 松本山雅さんはチームとしての経験値はこちらよりずっと上。難しい試合になることは間違いありません。こちらは彼らの状況に関係なく、90分を通してしっかり動ける準備をします。いつも通り最初からどんどん前に攻め、後半はさらにギアを上げていきたい。8月は勝負どころ。この試合をしっかり勝ち、自信につなげていきます」

■激烈なリーグ戦の今後を大きく左右する一戦。

 第19節のアウェーゲーム、カターレ富山戦を1対1の引き分けで乗り切ったいわきFC。ここまでは11勝5分け2敗の勝ち点38で首位に立っている。

 ますます混迷を極める2022年のJ3。ここまで首位を走ってきた鹿児島ユナイテッドFCが7月30日の第19節で藤枝MYFCに敗れ、3位に後退。貴重な勝利を得た藤枝が6連勝で2位に入った。現在はいわき、藤枝、鹿児島の3チームが勝ち点38で並び、松本が勝ち点37で4位。いわきと引き分けたカターレ富山は勝ち点36で5位。6位には4連勝中で順位を上げてきた愛媛FCが入った。

 ただしいわきと松本は他チームより消化試合数が1試合少なく、現在の順位は暫定。勝ち点差1のいわきと松本の直接対決は、J2昇格枠「2」を争う激烈なリーグ戦の今後を大きく左右する一戦となるだろう。

 明治安田生命J3リーグ第18節・松本山雅FC戦は7月23日(土)16時30分より、Jヴィレッジスタジアムにてキックオフ。試合の模様はDAZNにてライブ配信される。

 また、いわきFCの最新情報は現在、"魂の息吹く"noteにて配信中。本マッチプレビューについても厚みを増した形で記載しているので、ぜひチェックしてほしい。

 そしていわきFCファンクラブ「LOVE IWAKI」も、会員を随時募集。入会は無料。チケットやグッズの会員限定価格で購入や、メルマガによる情報配信など多くの特典があるのでチェックしてほしい。

 熱き戦いに、ぜひご注目を! 
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

いわきFC

「いわき市を東北一の都市にする」ことをミッションに掲げ、東北社会人サッカーリーグ1部を戦う「いわきFC」の公式アカウントです。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント