タナッチャ・スークソッド選手の入団が決まりました。

岡山シーガルズ
チーム・協会

【岡山シーガルズ】

背番号は神田 千絵、佐々木 萌を継ぐ“7"

背番号7番のユニフォームを手にしたタナッチャ・スークソッド選手 【岡山シーガルズ】

このたび、岡山シーガルズはタイ王国代表選手であるタナッチャ・スークソッド選手(Thanacha Sooksod)と選手契約を締結しました。

タナッチャ選手(2000年5月26日生/オポジット)は2018-19シーズンにタイ王国のクラブチーム・Supreme Chonburi に入団、同年には同国U-19代表選手としてアジアジュニア選手権大会(U-19)に出場し、ベストアウトサイドスパイカーを受賞。2019-20シーズンには日本のV1女子でプレーし、2020-21シーズンから21-22シーズンにかけてタイ王国のDiamond Food Volleyball Clubに在籍、同チームの優勝に貢献しました。

タイ王国バレーボール協会とはバレーボールの指導・普及・発展の相互協力を目的とした協力協定を結び、2019-20シーズンには東京五輪最終予選を控えた同国代表チームの強化合宿の受入を行うと共に、2020東京五輪の事前キャンプに関する協定を岡山県・岡山市・岡山県バレーボール協会とシーガルズの間で交わすなど、同国とは親密な関係性を構築してきました。また、2021年度からはジェトロ岡山と協働で当チームのスポンサー企業の同国における事業展開をサポートするプロジェクトも展開しています。

現在タナッチャ選手は代表チームに在籍しているため、代表チームの活動を終えてからの来日となる予定です。

オンラインで河本昭義監督がタイ王国バレーボール協会 会長、CEOとも会談

日本からオンラインでタイ王国バレーボール協会 会長・CEO、タナッチャ選手と会談する河本昭義監督 【岡山シーガルズ】

契約締結にあたり、岡山シーガルズから事務局の高田さゆりが訪タイし、タナッチャ選手に加えタイ王国バレーボール協会からソムポーン・チャイバンヤン会長、シャンリット・ウォングパサートCEOが同席、日本からは河本昭義監督もオンラインで同席しました。
席上にて河本監督が「日本でプレーしていた時から注目していた。タナッチャ選手の成長した姿に期待している」と述べると、背番号7番のユニフォームを受け取ったタナッチャ選手は元気よく日本語で「ありがとうございます!」と答えました。また、同席したソムポーン会長から「タイ選手の価値を見出して頂き感謝している」、シャンリットCEOからも「この2年でタナッチャ選手も成長した。宜しくお願いします」とお言葉を頂きました。

タナッチャ選手の入団が岡山シーガルズ、ひいては"岡山”とタイ王国とのさらなる親密な関係へとつながることをチームとして願っています。
タナッチャ・スークソッド選手への温かい応援を宜しくお願いいたします。

タナッチャ選手、タイ王国バレーボール協会 ソムポーン・チャイバンヤン会長、シャンリット・ウォングパサートCEOと共に 【岡山シーガルズ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

岡山シーガルズ

岡山シーガルズは日本バレーボールリーグ機構に属するチームの中でも数少ない、地域密着型の市民クラブチームです。 Vリーグや皇后杯、国民体育大会等の国内トップカテゴリーの主要大会における競技活動に加え、バレーボール教室や講演活動、各種啓発活動など、年間200回にも及ぶ地域活動に積極的に取り組んでいます。 このチャンネルでは、公式戦試合後に行ったインタビューや、家でも気軽に取り組むことができるストレッチや軽い運動を紹介する映像等、様々な趣向を凝らした情報発信を行っています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント