5連敗から脱出!望月孝雄監督にバースディ勝利を届ける!

チーム・協会

【大垣ミナモソフトボールクラブ】

交流戦スタート!逆転勝利で4勝目をあげる

ニトリ.JDリーグは、5月21日から東西地区交流戦がスタートした。
大垣ミナモは、静岡県掛川市で、Takagi北九州(西地区)と対戦した。

試合は序盤に2点を先制された大垣ミナモが、4回1死2塁・3塁から山口涼香が逆転タイムリーを放つなど
一挙5点を挙げ試合の主導権を握った。

5回裏大垣ミナモの攻撃中に、雨のため試合が約2時間にわたり中断した。
この降雨中断で試合の流れが変わるかと思われたが、大垣ミナモは、先発したシエラ・ハイランドに続き、
中山日菜子が試合の中盤をしっかりと締めた。
6回途中から登板したエレン・ロバーツが2点を失うものの勝利へと導いた。

今シーズン初勝利を挙げた中山日菜子投手 【大垣ミナモソフトボールクラブ】

今日は大垣ミナモにとって、負けられない試合であった。
もちろんチームとして5連敗をしていることもあった。

実は今日(5月21日)は、望月孝雄監督の61回目の誕生日だった。
試合前のミーティングでも、必ず勝って監督にバースディ勝利を届けようと誓い合っていた。

序盤に2点を先制された時はベンチも一瞬重苦しい雰囲気が漂ったが、チーム一丸となって誓った思いが、
逆転劇を呼び込んだ。

61歳を迎えても、なお戦う姿勢を忘れない望月孝雄監督 【大垣ミナモ】

今シーズンの大垣ミナモは、どんな時も、「愛」・「笑顔」を忘れずにプレイすることを
目標としている。

シーズン勝利数を15勝以上することを目標としている。
大垣ミナモにとっては、厳しい目標であることはチーム内で共有している。

西地区と対戦する交流戦は、あと7試合続く。
大垣ミナモにとって楽な試合は1試合もない。

交流戦が終了するまでに、通算成績での勝率を5割以上にできるか。
(12戦4勝8敗:5月21日終了現在)

挑戦者として、目標達成に向け勇敢に挑んでいく姿勢に注目したい!

逆転タイムリーを放ち、2塁ベース上で喜ぶ山口涼香選手 【大垣ミナモソフトボールクラブ】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

大垣ミナモソフトボールクラブ

チーム創立:2010年2月1日(12年目) 所在地:岐阜県大垣市小野4-35-10 理念:「地域に愛され、みんなも元気」 2012年に岐阜県で開催された国民体育大会を契機に創立されたクラブチーム。 岐阜県大垣市の企業11社が共同で運営するクラブチーム。JDリーグでは、唯一の存在である。地域の活性化に貢献できるチームとして活動中である。 強豪チームひしめく東地区に所属するが、全員総力で戦い大垣ミナモ旋風を巻き起こしたい。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント