【バレー/速報】上位3チームが手堅く勝利。ヴォレアスは明日首位攻防戦(監督コメント)

ヴォレアス北海道
チーム・協会

【VOREAS,INC.】

ヴォレアスは明日ホームでヴィアティンを迎え撃つ

ホームの大声援を受け、手堅く14勝目をあげた 【VOREAS,INC.】

1月22日(土)、北海道旭川市などで「2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN」が行われた。

ここまで一敗で首位を走るヴォレアス北海道は、ホームゲームで奈良ドリーマーズを迎え撃った。これまでのデータとは異なる戦術を使ってきた相手に対して序盤は先行を許すも、越川のサービスエースでリズムを取り戻すと徐々に自分たちのペースに持ち込みストレートで勝利した。(ヴォレアス vs 奈良:25-17、25-18、25-21)


この日も安定したレセプションをみせる渡辺俊介 【VOREAS,INC.】

エド・クライン ヘッドコーチのコメント
ホームゲームでしっかり3-0で勝つという目標を達成することができました。奈良ドリーマーズは普段と違う選手起用でしたが、チームとしてすぐに対応することができました。我々のブロックとディグが上手くいき、相手の重要なアタッカーを止めることができたためブレイクポイントを十分に取ることができました。

明日はとても重要な試合なので、さらに気を引き締めていきます。ファンの方々が素晴らしい雰囲気を作ってくださったおかげでホームゲームで良いプレーができました。(V機構帳票より)

本日終了時点のリーグ順位。上位3チームが揃って勝利を収め上位陣に変更はなかった。 【Vリーグ機構ホームページより】

その他のカードでは、ヴォレアスと同じく13勝のヴィアティン三重が勝利を収め、3位の富士通もデルフィーノに勝利し2敗をキープ。

上位チームの戦いから目が離せない。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ヴォレアス北海道

日本初のプロバレーボールチームとして2016年に誕生。「V.LEAGUE」に2017/18シーズンより参戦し初年度で優勝(3部)、2018-19シーズンも連覇。2019-20シーズンはV.LEAGUE DIVISION2に参戦し、19勝1敗で2位の成績(リーグ打切りにより2試合未消化)。2020-21シーズンも2位となるも入替戦で破れ残留。2021-22シーズンは27勝1敗で初優勝。元日本代表の越川優らを中心に個性的な選手が所属し、ヘッドコーチは世界各国で実績を積んだエド・クライン(クロアチア出身)が初年度から率いる。チームスローガンは「Children of the Revolution(革命の子ら)」。スローガン通りの革新的なアイディアと運営手法に定評がある。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント