IDでもっと便利に新規取得

ログイン

燃えるプレーで魅せます©JGTOimages

<国内男子ゴルフ>コロナ禍初の有観客試合で中西直人が噛みしめた思い

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

■国内男子ゴルフ/ エキシビション大会「ISPS HANDA コロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント(10月29日ー31日、福島県・五浦庭園カントリークラブ)」29日・初日

スタート前に、お約束のアワビも捕獲。「シマアジも1匹、おまけにいただきました」と、ゴキゲンでコースに出て、6バーディ、1ボギーの67。

初日からさっそく、ホストプロの存在感を示した。
5位タイにつけた中西直人は喜びを噛みしめた。
「プロゴルファーをやっててよかった」。

賞金加算がされない3日間のエキシビション大会とはいえ、コロナ禍初の有観客試合。
久しぶりの歓声を浴びながらの好プレー。

主催者のご厚意で、趣向を凝らしたお弁当や焼き芋、季節の果物が無料で振る舞われ、あちこちでビニールシートを広げるお客さんたちは、誰もが楽しそう。

初日からパッティンググリーン横に登場した釣り堀には、ゴルフクラブのかわりに釣り竿を握りしめ、なんならプレー中より真剣なまなざしで、一喜一憂する選手たち。

おまけに、ゴルフ日和のぽかぽか陽気だ。

楽し気なみんなの様子を見ながら中西は、つくづくと思う。
「お金を払って観戦にきてくださる以上、試合はお祭りでないといけないという考え。見ている方も、やっている方も楽しめる状況を作ってくれている。主催者さんの試みは素晴らしくて、さすがだなと思います」。

プレーにも、気持ちがこもった。
18番では、アプローチが入りかけ。
最もお客さんが集まる最終ホールをドっと沸かせた。
「コロナ禍でもこれだけの方に集まっていただいて、本当にありがたい。プロゴルファーをやってて本当に良かったです」と繰り返し、噛みしめた。

声援が聞こえたほうへ、必ず顔を向けて手を振る。
「ナイスプレー」と言われれば、独独の関西なまりで「ありがとうございま〜す」。
満面の笑顔で応える。

「個性をもっと出していきなさい」とは、主催者の半田晴久・会長からの教えだ。
「目標も高く持ちなさい。タイガーも、マキロイもお金を稼ぐためだけでなく、記録と戦っている。歴史に残る、そんなプロゴルファーになりなさいと、いつも仰っていて、すごく勉強になります」。
期待に応えて、記憶に残るホストVを目指す。

関連リンク

クラブ名
日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
クラブ説明文

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント