虎さん、風に乗る

<国内男子ゴルフ>週末の虎劇場、開幕

日本ゴルフツアー機構 (JGTO)

風に吹かれて虎劇場。韓国の虎さんこと、崔虎星(チェホソン)が6バーディ3ボギーの68とし、2位と1差の通算10アンダーで単独首位に躍り出た。

3日目はもっとも強い風が吹く中で、「勝とうとしない。風に乗ってプレーしました」と、再三のガッツポーズも気まぐれな風に乗り、右手、左手、クルクル舞った。

沖縄の風と楽しそうに遊びながらも時折、消沈。
11番。左のOBを避けて、右のバンカーに入れた2打目を、寄せられず、30ヤードの下りフックは強烈な追い風も加わり「ノーブレーキ。新幹線です」。
ほとほと手を焼き3パット。
さらに、2段グリーンの上に乗ってしまった17番も。
「ノーブレーキ。新幹線です。頭痛いです」と、呪文のように繰り返して再び3パットのボギーとしたが、いよいよ最後18番では登り手前の3メートルを逃さず、きっちりとバーディ締め。
今平に1差をつけて、上がった。

昨年11月に、日本ツアー2勝目を飾ったカシオワールドオープンもまた、強い風のゴルフを制した。
続く3勝目は「明日も、メンタルゲームになる。最善を尽くします」。

釣竿をしならすようにクラブを振るユニークなスイングと、愉快なパフォーマンスで世界中に虎旋風を巻き起こしたのは昨年。

同じ”虎つながり”で言えば今年は、先月の「ZOZOチャンピオンシップ」で、歴代最多の82勝を飾ったタイガー・ウッズが浮かぶが、その感想を求められるたび、プルプルと手を振り謙遜。
一緒にするのは畏れ多いと、ノーコメントを貫く虎さん。

今年から、サイン色紙に「虎」の漢字を書き込むことにした。「サインだけだと、分かりにくい。練習しました」と、日本ツアーだけの”限定版”は書く前になぜか必ず「虎!」と、口にしてから一筆。
…決まった!

沖縄の風に吹かれて、止められないグリーンと同様に、虎さんのリップサービスも止まらない。
この日の取材に持参した翻訳機のポケトークが、なぜか反応せず結局、カタコトの日本語で通した虎さん。

「今日、プレー、難しかった」
「よかった」。
「今日、元気です」
「頑張ります」
「みなさん、明日応援、選手全員、宜しくお願いします」
「ありがとございます〜〜〜」。
一方的に、言えるだけ言って自ら締めた。
3日目の虎劇場は、ひとまず大騒ぎのうちに幕を閉じた。
「また明日!」。
続く。

関連リンク

クラブ名
日本ゴルフツアー機構 (JGTO)
クラブ説明文

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)が運営する公式サイトです。 男子プロゴルフツアーの大会スケジュールや試合のLIVE速報、試合結果、選手のランキングデータの情報はもちろん、各試合の最新ニュースやトピックス等をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント