ファンが予想する「J1、J2上位・下位チーム」

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「J1、J2上位・下位チーム予想」企画。「J1の上位3チーム、J2に降格する4チーム」と「J2からJ1に昇格する2チーム、J3に降格する4チーム」をそれぞれ選んで投票してもらいました。

順位 クラブ名 得票率
1 SC相模原 78.60%
2 愛媛FC 58.75%
3 ブラウブリッツ秋田 50.61%
4 ザスパクサツ群馬 50.28%
5 レノファ山口FC 39.38%
6 FC琉球 30.27%
7 栃木SC 27.66%
8 ツエーゲン金沢 13.26%
9 ファジアーノ岡山 8.62%
10 FC町田ゼルビア 7.73%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

J2初挑戦の秋田を上回る数のファンが愛媛のJ3降格を予想。この低評価を覆せるか【(C)EHIME FC】

 来季はJ1から4チームがJ2に降格する。それに伴って、今季J2で戦う22チームのうち4チームがJ3に降格することになる。ファンにはその4チームを予想してもらった。

 今季J3から昇格し、J2初挑戦となるブラウブリッツ秋田、SC相模原に多くの票が投じられたのは致し方ないところか。特に昨季、J3で2位だった相模原は、「経験不足、選手層が薄い、選手の個の能力も……」「守備はJ3でも堅かったイメージがない」などと、投票者の8割近くが降格を予想している。戦力不足を指摘する声が多かったのは秋田にも共通すことで、「突出したストライカーがおらず、得点力不足に悩まされそう」「主力とサブの差が埋まらない。残留は厳しそう」といった意見が聞かれた。

 得票率がその秋田を上回ったのが、昨季21位の愛媛FC。「昨年は本来なら降格する順位であったうえ、上積みが見られない」「他のクラブと比べて戦力が落ちる。監督もJ初采配で不安が大きい」と厳しい見方が多い。昇格2チーム、愛媛とともにザスパクサツ群馬も半数以上の投票者が降格を予想。「主力は残ったものの戦力的に厳しいかもしれない」「選手層が薄い」といったように、やはり残留を勝ち取るには戦力が物足りないという声が多かった。

 昨季、最下位に終わったレノファ山口FC、同16位でJ2に昇格して3年目のFC琉球、そして同10位の栃木SCの評価も芳しくない。山口と琉球は投票者の3割以上が降格を予想。栃木の得票率もこの2チームと大きくは変わらない。

 山口への投票理由としては、「平均した試合運びができず、連敗の可能性あり」「監督交代による影響」といったものがあり、琉球には「爆発すればという期待感があるが、ボトム4から抜け出せる要素は少ない」、栃木には「攻撃のクオリティーが心配」というシビアな意見が寄せられた。

(企画構成:YOJI-GEN)

関連リンク