2020ドラフト候補選手ランキング

記事

2020年ドラフト候補選手をランキング化。「総合」「高校生」「大学生」「社会人・独立リーグ」「大化け・一芸候補」の各カテゴリーで、将来性・完成度の2つにおいて50点満点で採点し、上位10人を紹介します。ドラフト候補として、現在評価の高い選手は!?
※項目は横にスクロールします。

■採点の評価値は以下の通り。
・将来性
21~25:MLBでタイトルクラス
16~20:MLBでレギュラークラス
11~15:NPBでタイトルクラス
6~10:NPBでレギュラークラス
1~5:NPBで戦力になる

・完成度
21~25:NPBで1年目からタイトル
16~20:NPBで1年目からレギュラー
11~15:NPBで1年目から一軍戦力
6~10:NPBで1年目から二軍の主力
1~5:NPB1年目は育成期間

順位 選手名(所属) 合計点 将来性 完成度 ポジション 身長 体重 投打
1 栗林良吏(トヨタ自動車) 26 10 16 投手 177センチ 80キロ 右右
2 藤井聖(JX-ENEOS) 21 8 13 投手 175センチ 78キロ 左左
3 松本竜也(Honda鈴鹿) 19 10 9 投手 178センチ 86キロ 右右
4 伊藤優輔(三菱日立パワーシステムズ) 18 12 6 投手 178センチ 77キロ 右右
5 今川優馬(JFE東日本) 17 7 10 外野手 176センチ 85キロ 右右
6 大江克哉(NTT西日本) 14 7 7 投手 177センチ 70キロ 右右
7 森井絃斗(セガサミー) 13 8 5 投手 184センチ 94キロ 右右
8 小野大夏(Honda) 12 7 5 投手 177センチ 84キロ 右右
9 佐々木健(NTT東日本) 11 6 5 投手 179センチ 85キロ 左左
9 鈴木駿輔(福島レッドホープス) 11 7 4 投手 184センチ 84キロ 右右

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

トヨタ自動車の栗林は、「即戦力投手」という点ではナンバーワンと言える選手だ(写真は共同)

 社会人の中で頭一つ抜けた存在と言えるのが栗林良吏(トヨタ自動車)だ。大学時代も有力候補だったが、いわゆる“順位縛り”があったためトヨタ自動車に進んだ。昨年の公式戦成績は13試合、70回2/3を投げて74奪三振、防御率1.02と圧巻の数字を残している。コンスタントに140キロ台後半をマークするストレートと多彩な変化球をコーナー、低めに集めるピッチングは安定感十分。長いイニングを投げ切るスタミナも備えており、即戦力という意味では今年の候補の中でもナンバーワンと言えるだろう。

 ただ、栗林に続く選手はどちらかというと、即戦力というよりも素材型がそろっている印象だ。大卒2年目の伊藤優輔(三菱日立パワーシステムズ)、佐々木健(NTT東日本)もボール自体は素晴らしいものがあるものの、まだ投げてみないと分からないというのが現状。プロでも2年目以降の戦力として考えておく必要がありそうだ。左では藤井聖(JX-ENEOS)、右では大江克哉(NTT西日本)の二人は比較的完成度の高さがあるものの、打者を圧倒するようなタイプではないため、そのあたりをどう見るかが焦点となりそうだ。

 高卒3年目では松本竜也(Honda鈴鹿)、森井絃斗(セガサミー)、小野大夏(Honda)の三人が有力候補となる。ストレートの勢いでは森井と小野が目立つが、総合力では松本が一歩リードしているという印象だ。下半身の安定したバランスの良いフォームで、先発でもリリーフでもコンスタントに力を発揮できるのが長所。1月に中日が1位候補の一人としてリストアップしていると発表していたが、都市対抗予選で結果を残せば上位候補に浮上してくる可能性は十分にあるだろう。

広角に長打が打てる今川は、打力の高い外野手が欲しい球団におススメしたい(写真は共同)

 野手は投手に比べると上位候補は少ないが、昨年都市対抗優勝のJFE東日本に候補がそろった。打てるセカンドの峯本匠、大学時代から強打が目立つ平山快、そして強打の外野手として注目の今川優馬が有力だ。中でも今川は芯でとらえた時の打球は目を見張るものがあり、広角に長打を放つ上手さも備えている。外野が手薄な球団は候補に挙げているだろう。

 独立リーグも面白い選手が多いが、将来性も加味して鈴木駿輔(福島レッドホープス)を推したい。高校、大学では野手との二刀流だったが、昨年青山学院大を中退してから投手に専念して凄みが出てきた。躍動感あふれるフォームからコンスタントに140キロ台後半のスピードをマークし、変化球の質も悪くない。今年で22歳と大学4年生と同じ学年でまだまだ若さもあるため、意外に高い順位での指名も期待できそうだ。

【監修:西尾典文】
1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。

一覧

関連リンク