2020ドラフト候補選手ランキング

記事

2020年ドラフト候補選手をランキング化。「総合」「高校生」「大学生」「社会人・独立リーグ」「大化け・一芸候補」の各カテゴリーで、将来性・完成度の2つにおいて50点満点で採点し、上位10人を紹介します。ドラフト候補として、現在評価の高い選手は!?
※項目は横にスクロールします。

■採点の評価値は以下の通り。
・将来性
21~25:MLBでタイトルクラス
16~20:MLBでレギュラークラス
11~15:NPBでタイトルクラス
6~10:NPBでレギュラークラス
1~5:NPBで戦力になる

・完成度
21~25:NPBで1年目からタイトル
16~20:NPBで1年目からレギュラー
11~15:NPBで1年目から一軍戦力
6~10:NPBで1年目から二軍の主力
1~5:NPB1年目は育成期間

順位 選手名(所属) 合計点 将来性 完成度 ポジション 身長 体重 投打
1 伊藤大海(苫小牧駒大) 31 16 15 投手 176センチ 80キロ 右左
2 木澤尚文(慶応大) 24 16 8 投手 182センチ 81キロ 右右
2 五十幡亮汰(中央大) 24 13 11 外野手 172センチ 67キロ 右左
4 牧秀悟(中央大) 23 12 11 内野手 178センチ 93キロ 右右
5 早川隆久(早稲田大) 22 14 8 投手 179センチ 72キロ 左左
6 佐藤輝明(近畿大) 20 12 8 内野手 187センチ 92キロ 右左
7 森博人(日本体育大) 19 10 9 投手 175センチ 79キロ 右右
8 古川裕大(上武大) 18 9 9 捕手 182センチ 87キロ 右左
8 大道温貴(八戸学院大) 18 10 8 投手 178センチ 78キロ 右右
10 宇田川優希(仙台大) 17 13 4 投手 184センチ 95キロ 右右

全ランキングを見るならスポーツナビアプリ(無料)

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

早川は大学に入り、球速が大きくアップ。10日の明治大戦では、自己最速を4キロ更新する155キロをたたき出した(写真は共同)

 上位指名の候補になりそうな投手が多いが、その中でも頭一つリードしているのが伊藤大海(苫小牧駒澤大)だ。駒澤大を中退して苫小牧駒澤大に再入学し、公式戦に出場できない時期があったものの、その期間に大きくレベルアップ。大学日本代表では抑えを務め、国際大会での実績も十分だ。クローザーの時は150キロを超えるストレートで圧倒するが、先発の時は変化球を中心に打たせてとることもでき、試合を作る能力も高い。リリーフとして評価する声が多いが、先発としても十分勝負できる実力者である。

 続くのは木澤尚文(慶応大)と早川隆久(早稲田大)の東京六大学勢になる。ともに大学で大きくスピードアップし、本格派らしくなった。ただ木澤は故障もあってリーグ戦通算3勝、早川も登板は多いものの8勝12敗と負け越しているのが気がかり。最終学年で万全の成績を残せるかが焦点となりそうだ。

 他で上位候補になりそうなのが森博人(日本体育大)、大道温貴(八戸学院大)、宇田川優希(仙台大)の三人だ。森は上背はないものの、最速155キロのストレートは威力十分で、短いイニングでの安定感は抜群。リリーフを補強したい球団にはぴったり当てはまる。先発タイプでは大道がおすすめ。バランスの良いフォームで完成度が高く、リーグ戦での実績も申し分ない。スケールの大きさでは宇田川だ。調子の波はあるものの、長身から投げ下ろす角度のあるストレートと鋭く変化するスライダーで奪三振率の高さが光る。

パワフルな打撃が魅力の佐藤は、大学の先輩である糸井のようなスケールの大きい選手になりそうだ(写真は共同)

 野手では総合編で触れた五十幡亮汰、牧秀悟(ともに中央大)以外では佐藤輝明(近畿大)の注目度が高い。恵まれた体格を生かしたパワフルなスイングで、芯でとらえた時の飛距離は目を見張るものがある。大型だが運動能力の高さも魅力だ。確実性が課題となるが、中軸候補が欲しい球団には魅力的な選手である。捕手でナンバーワンと見られているのが古川裕大(上武大)だ。大型だが地肩の強さだけでなくフットワークも良く、スローイングの正確性は見事。広角に長打を放つ打撃も大学球界屈指だ。打てる捕手として注目度が高い。

 その他では3月に右肘靭帯の断裂が判明した山崎伊織(東海大)、度重なる故障でなかなか調子が上がらない佐藤宏樹(慶応大)も万全の状態であれば、秋に巻き返してくる可能性も十分にあるだろう。

【監修:西尾典文】
1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる。

一覧

関連リンク