2020年Jリーグ新人アンケート

記事

 「Jリーグ新人研修」で2020年入団の新人Jリーガー全員にアンケート調査を実施し、結果をランキング形式で発表します。
 今回は「Jリーグで対戦してみたい選手」編。1位に輝いたのは? 

順位 選手名 投票数 投票した主な選手
1 イニエスタ 43 旗手怜央(川崎F)、荒木遼太郎(鹿島)
2 遠藤保仁 5 安部崇士(徳島)、森田凛(徳島)
3 中村俊輔 4 イサカ ゼイン(川崎F)、西澤健太(清水)
3 小野伸二 4 藤田譲瑠チマ(東京V)、阿野真拓(東京V)
3 仲川輝人 4 鮎川峻(広島)、木村誠二(FC東京)
6 槙野智章 3 染野唯月(鹿島)、唐山翔自(G大阪)
6 林大地 3 オビ・パウエル・オビンナ(横浜FM)、西田恵(金沢)
8 小川航基 2 イサカ ゼイン(川崎F)、安部崇士(徳島)
8 矢村健 2 白井達也(相模原)、喜岡佳太(長野)
8 町田也真人 2 村越凱光(松本)、色摩 雄貴(盛岡)
8 田中駿汰 2 西田恵(金沢)、大迫暁(沼津)
8 大島僚太 2 松崎快(水戸)、竹本雄飛(熊本)
8 大久保嘉人 2 三木直土(磐田)、高橋潤哉(山形)
8 トーマス・フェルマーレン 2 塚元大(G大阪)、田平起也(C大阪)
8 マルコス・ジュニオール 2 野澤大志ブランドン(FC東京)、国本玲央(山口)

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

写真:西村尚己/アフロスポーツ

 7月4日のセレッソ大阪戦で、楢崎正剛(名古屋アカデミーコーチ)を抜き、J1通算最多となる632試合出場を記録した遠藤保仁(G大阪)、開幕戦のヴィッセル神戸戦で41歳7カ月30日でのJ1開幕戦最年長先発記録を作った中村俊輔(横浜FC)らが日本人のベテラン勢が上位にランクインする中、やはり43票という断トツの得票数を確保したのがアンドレス・イニエスタ(神戸)であった。名門・バルセロナを代表するレジェンドであり、2010年南アフリカワールドカップや08・12年欧州選手権制覇という輝かしい実績を誇るスーパースターへの憧れは非常に強い。

 新人の中で、昨季イニエスタと対戦した数少ない存在である松岡大起(鳥栖)は「本当に足元の技術が高かった。どれだけボールを強く奪いに行っても、全く取れる感じがしなかった」と脱帽していた。ボール奪取職人の彼がそう言うのだから、マッチアップするのは簡単ではない。旗手怜央(川崎F)や荒木遼太郎(鹿島)らすでにJ1デビューを飾っている選手たちも対戦を熱望している。彼らが世界最高峰レベルのタレントに立ち向かえるか、見てみたいものだ。

関連リンク