2020年Jリーグ新人アンケート

記事

 「Jリーグ新人研修」で2020年入団の新人Jリーガー全員にアンケート調査を実施し、結果をランキング形式で発表します。
 今回は「対戦した中で凄かった選手」編。1位に輝いたのは?

順位 選手名 投票数 投票した主な選手
1 三笘薫 33 松本健太(柏)、紺野和也(FC東京)
2 田中駿汰 16 忽那喬司(愛媛)、武田太一(徳島)
2 久保建英 16 バングーナガンデ佳史扶(FC東京)、櫻川ソロモン(千葉)
4 山本理仁 15 藤田譲瑠チマ(東京V)、川﨑颯太(京都)
5 上田綺世 12 染野唯月(鹿島)、中塩大貴(甲府)
6 松岡大起 11 植中朝日(長崎)、高安孝幸(金沢)
7 坂元達裕 9 松崎快(水戸)、半田陸(山形)
8 遠藤保仁 8 黒川圭介(G大阪)、山本悠樹(G大阪)
8 武田英寿 8 松村優太(鹿島)、染野唯月(鹿島)
8 家長昭博 8 イサカ ゼイン(川崎F)、旗手怜央(川崎F)
8 半田陸 8 野澤大志ブランドン(FC東京)、唐山翔自(G大阪)
8 宇佐美貴史 8 川崎修平(G大阪)、塚元大(G大阪)

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

写真:ムツ・カワモリ/アフロ

 今季新人にとって同世代で目下、最高到達点にいるのが、レアル・マドリードからマジョルカへ期限付き移籍中の久保建英だろう。彼のランクインは有力視されていたが、やはり16票の2位タイに入った。

「ボールタッチのリズムとプレースピードが回りと違った」(バングーナガンデ佳史扶=FC東京)、「ドリブルが圧倒的」(櫻川ソロモン=千葉)など対戦経験のある選手たちは強烈なイメージが焼き付いているという。

 その久保と同じ16票を集めたのが、昨年12月のEAFF E-1選手権でA代表デビューを飾った田中駿汰(札幌)。「すごくいい選手」と先輩・鈴木武蔵も太鼓判を押している。「中学の時から一緒だが天才としか言いようがない」(牧野寛太=長野)と絶賛する仲間もいる。日本代表の森保一監督が抜擢(ばってき)するのも当然の成り行きなのかもしれない。

 この2人を抑えて33票を確保し、トップに輝いたのが三笘薫(川崎F)。「ドリブルがうまい」(紺野和也=FC東京)「プレーの次元が1人だけ違う」(山本悠樹=G大阪)と大学選抜でともに戦った仲間たちも羨望(せんぼう)のまなざしで見つめている。

「自分はアグレッシブな守備が課題。シュート力やスプリント力、ハードワークも足りない」と本人は決して今の自分に満足していないが、同世代の仲間からのリスペクトは大きな励みになるのではないか。今後のパフォーマンスが楽しみだ。

関連リンク