2020年Jリーグ新人アンケート

記事

 「Jリーグ新人研修」で2020年入団の新人Jリーガー全員にアンケート調査を実施し、結果をランキング形式で発表します。
 今回は「好きな現役選手」編。1位に輝いたのは?

順位 選手名 投票数 投票した主な選手
1 リオネル・メッシ 13 紺野和也(FC東京)、阿野真拓(東京V)
2 エデン・アザール 7 松村優太(鹿島)、本田風智(鳥栖)
2 ケヴィン・デ・ブライネ 7 山本悠樹(G大阪)、谷内田哲平(京都)
4 セルヒオ・ラモス 6 眞鍋旭輝(山口)、井出敬大(柏)
5 トレント・アレクサンダー=アーノルド 5 石田凌太郎(名古屋)、吉馴空矢(C大阪)
5 フィルジル・ファン・ダイク 5 山川哲史(神戸)、栗原イブラヒムジュニア(清水)
5 アンドレス・イニエスタ 5 山田真夏斗(松本)、谷内田哲平(京都)
8 マルセロ 4 バングーナガンデ佳史扶(FC東京)、黒川圭介(G大阪)
8 アイメリク・ラポルテ 4 中塩大貴(甲府)、三ツ田啓希(松本)
8 アントワーヌ・グリーズマン 4 松村優太(鹿島)、三木直土(磐田)
8 ネイマール 4 唐山翔自(G大阪)、平田海斗(水戸)
8 ルイス・スアレス 4 韓勇太(栃木)、高橋潤哉(山形)

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

iOS
Apple Storeからダウンロード
QRコード
Android
GooglePlayで手に入れよう
QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

写真:ロイター/アフロ

 こちらも憧れの選手同様、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが人気を二分すると見られたが、意外にもロナウドに投票したのは2人だけ。圧倒的なスピードと強さ、屈強な肉体を誇る彼は、日本人にとって「異次元」と映るのかもしれない。

 その点、170センチの技巧派であるメッシは親近感があるのかもしれない。13票を集め、トップに輝いた。161センチのドリブラーである紺野和也(FC東京)、同じく158センチと小柄な阿野真拓(東京V)らが票を入れている通り、体の小さいアタッカー陣にしてみれば、メッシは理想のモデルなのだろう。

 2位タイの7票を集めたエデン・アザール(レアル・マドリード)も同様の位置づけだ。松村優太(鹿島)や本田風智(鳥栖)らが投票しているところを見ても、「アザールのように弾丸ドリブルで大柄なDFをぶち抜ける選手になりたい」という彼らの強い思いが感じられる。

 それ以外で上位にランクインしたのは、7票で2位タイのケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、6票で4位のセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、5票を集めたアンドレス・イニエスタ(神戸)やフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)ら。同じポジションの選手を選んでいるケースが目立つ。若手たちは世界のお手本を参考にしながら、自らをレベルアップさせているのだ。

関連リンク