連載:高校野球の「球数制限」を考える

プロローグ

 日本の夏の風物詩「甲子園」。球児たちがひたむきに白球を追う姿に日本中が感動し、ヒーローたちの「熱投」に拍手喝采を送ってきた。だが昨今、高校野球が「球数制限」問題で揺れている。今年、高野連が「投手の障害予防に関する有識者会議」を開催し、秋までに何らかの方針を出すと言われている。

 この連載では、高校・大学野球の指導者からスポーツドクター、日米の考え方の違いを知る元プロまで、さまざまな立場の野球人の率直な意見を聞いた。高校野球、そして学生野球はどうあるべきか、考えていきたい。

ピックアップ

連載一覧

関連リンク