【ミート率を上げるコツと簡単ドリル】諸見里しのぶ スイングを安定させる技術

ALBA TV

諸見里しのぶプロがスイングを安定させる技術を伝授。今回は手打ちを防ぎミート率を上げるコツと、簡単にできる練習ドリルを紹介します。家でできるドリルもあるので、ぜひ今日から練習してみてください。 【ALBA TV】

ミート率を上げるコツ

【ALBA TV】

まずは上体の力を抜いてクラブの重さをボールに伝えてあげる。それを感じるのがすごく大事ですね。体幹であったり腹筋背筋を意識しながら、体で動かしてクラブの重さでインパクトを迎える。そうすることによってミート率が上がる。ミート率が上がると飛距離も出る。左右のブレも少なくなる。いいことがいっぱい出てくるので、まずそこは試してほしいです。

手打ちが起こる原因

【ALBA TV】

手で打とうとするときは、次のように

1. 上がりました
2. 手でいこうとする
3. 足が出る
4. 右足が出る

そうすることによって、左の腰はもう踏ん張れないまま逃げてしまう。そして、この状態でインパクトを迎えようとすると振り遅れる。これを嫌がると手でつかまえるということがでてくると思います。

理想のスイング

スイングのイメージとしたら左の軸で受け止める。受け止めてあげたら、ここから腰を切る。受け止めて、当たったら解放という感じです。

手打ちを避け安定性を高める構え

【ALBA TV】

やっぱり手を使わないこと。あと、アドレスもヒザが曲がり過ぎておしりが落ちてしまうと足と腰はどこでも動くので、安定感が無くなってきます。そうなった時に、下半身の安定感がない時は絶対上体を使い始めると思うんですよね。

なので、まずはしっかりと自分の体重を地面に押さえる。おしりは少し高い所を向いてあげた方が、股関節が自然といい位置にセットされます。自分でその形を作るのもありなんですけど、ジャンプして受け止める時。この時は自然と受け止めようとするので、良い状態で股関節が止まってくれるんです。この状態でアドレスに入ると、自然と足が使いやすくなってくると思います。

ミート率が必ず上がる簡単ドリル

【ALBA TV】

練習場でどうしても自分から打ちに行ってしまう時にフルショットをやってしまうと、どんどん自分の打点のポイントがズレてしまいやすいです。そういう時ほどハーフショットをやっていくと、自然とインパクトのタイミングを自分から探していけます。

まずはフルショットで練習するよりは、小さい動きから自分のインパクトのポイントを探していく。ミート率を上げるためには、小さい動きで自分にしっかりと覚えさせていくことが大事になってきます。

一球一球自分で感じながら、インパクトの打点を合わせていくのがすごく大事ですね。それを10球やったら1球フルショットにする。そういう練習を重ねていくとミート率はすごく上がってきやすいと思います。ずっとやっていくと、「ここが気持ちいい」「脱力をして当たる」この瞬間が絶対出てくると思うので、そこを探す作業をしていくと自然とミート率は上がってきます。

スロースイングで体の動きを学ぶ簡単ドリル

【ALBA TV】

私はスロースイングがすごく苦手だったんですけど、今になって自分の体のどこがどう動いているのか分からないとスイングを安定させることができないなとすごい感じてきました。クラブを持っても持たなくてもくてもできる最高のドリルだと思います。

今はネットとかで自分の好きな選手のスロースイングを見ることができると思うので、その選手のスイングを見ながら一緒に振っていく。スロー再生にしてテークバックをゆっくり上げてスイングすることによって、自分がテークバックでどこに力が入ってるかとかどこの筋肉を使っているのか感じることができます。

その時にそこのトレーニングをしたいだとかストレッチをしたいっていうことができてきますし、一つ一つのポジションが分かってくるとコースでの修正力もすごく高まってくるのでぜひおすすめしたいです。

動画では、諸見里しのぶプロのスイングを、よりしっかりと確認できます。ぜひご視聴ください。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「ALBA TV(アルバTV)」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!※GOLF Net TVは2023年1月より「ALBA TV」にサービス名を変更いたしました。

新着記事

編集部ピックアップ

「しっかり伸ばせた」西郷真央が4打差5位…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント