畑岡奈紗 世界一を目指すスイングに迫る!〜アプローチ編〜(インタビュアー:諸見里しのぶ)

ALBA TV

【ALBA TV】

米ツアー中に行っていた練習法やショートアプローチの重要ポイントを諸見里しのぶが聞く!

中途半端な距離のコントロールが難しい

諸見里プロ:ショートゲームは距離感が難しいと思いますが、何か気をつけていることや課題にしていることはありますか?

畑岡プロ:30〜60ydの、中途半端でコントロールが必要な距離が難しいと思います。

畑岡流アプローチ:スイングは振り幅を決め、左右対称に

【ALBA TV】

畑岡プロ:スイングは振り幅をある程度決めてやっています。左右対称になるように、30ydだったら、腰から腰くらいで、テークバック側とフォロー側が対称になるように意識しています。

畑岡流アプローチ:球数を打って距離感をつかむ

【ALBA TV】

畑岡プロ:試合中なら、スペースがあったら、30yd、40ydと立ってもらって、そこにしっかりキャリーで落とせるような練習をしています。ある程度の球数を打たないと、自分でつかめないのが距離感だと思います。

畑岡流アプローチ:ソールを地面に平らにつける

諸見里プロ:グリップの長さとか全部一緒?

【ALBA TV】

畑岡プロ:長く持って30ydを打とうとすると、アドレスでトゥ側が上がってしまい、ひっかかって左にいってしまうので、地面についたときにソールを平らに、全部地面につけるようにしています。

諸見里プロ:短い距離だから短く握る、長い距離だから長く握るとかはしない?

畑岡プロ:そうですね。30ydだとさすがに短く握りますが、ソールを合わせてその距離感で立つ感じです。

畑岡奈紗選手に近づくワンポイントレッスン

30、40、50ydと中途半端な距離になってくると、インパクトが緩むミスをしたくないので、アドレスで距離感を決めます。スタンス、グリップの長さ、フェースの開き具合を決めて、30ydの打ち方を決めて、緩まないようにしっかり振っていく。

【ALBA TV】

でも畑岡さんの打ち方を聞いていると、振り幅で調整はしているけど、自然に合わせているようです。おそらく意識はしていないんですけど、30ydだったら自然とグリップが短くなり、ボールとの距離も近くなって、ここだったら緩まないという場所を探してしっかり振っています。

アマチュアの方は、30ydを打ちたいときでもドライバーと同じアドレスをとって緩むというミスをよく見ます。まずは飛ばないようにするアドレスを決めて、インパクトで緩まないようにしっかり振っていくことが大切だと思います。

本編の動画はALBA TVでご覧になれます
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

「ALBA TV(アルバTV)」は2017年に生まれた新しい形のゴルフ専門インターネットTV局。無料番組が約7,000本以上見放題!トッププロのレッスンから、人気女子プロの素顔に密着した番組までゴルファー必見の動画が満載のサービスです!※GOLF Net TVは2023年1月より「ALBA TV」にサービス名を変更いたしました。

新着記事

編集部ピックアップ

「しっかり伸ばせた」西郷真央が4打差5位…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント