砂まみれの名将 野村克也の1140日

野村克也監督とエース右腕が伊豆で初対面 10球で見抜いたシダックス野間口の癖

加藤弘士(スポーツ報知)
アプリ限定

はじめての名刺交換

【写真は共同】

「一年の計はキャンプに有り」

 ヤクルト監督時代の野村語録の一つである。

 野村はプロの監督時代からシーズンを戦い抜くにあたって、2月のキャンプを重要視していた。

 ひとつ屋根の下、ナインは同じ釜のメシを食い、朝から晩まで野球に没頭する。首脳陣は選手個々の力量を見定め、勝てるチーム作りに向けての土台を築き上げる。

 2003年2月1日。シダックス野球部はオーナー・志太が自らの故郷、静岡・中伊豆に建設した志太スタジアムでキャンプインした。両翼100メートルに中堅122メートルは東京ドームと同じサイズ。最新鋭の人工芝が敷かれていた。志太の野球愛と都市対抗制覇への強い意欲がうかがえる球場でもあった。

 約3週間にわたって、野村やナインは隣接する同社経営の「ホテルワイナリーヒル」に宿泊する。関東村とは違い、室内練習場もある。野球漬けとなるには最高の環境だ。

 当日は私も始発で都内から向かい、ホテルの前で野村が現れるのを待った。

 上下赤いユニホームに初めて身を包み、スタジャンを着た野村が姿を現した。

「おはようございます」

 集まったスポーツ各紙の担当記者があいさつすると、野村はニヤリと笑った。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

加藤弘士(スポーツ報知)

1974年4月7日、茨城県水戸市生まれ。水戸一高、慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後、1997年に報知新聞社入社。2003年からアマチュア野球担当としてシダックス監督時代の野村克也氏を取材。2009年にはプロ野球楽天担当として再度、野村氏を取材。その後、アマチュア野球キャップ、巨人、西武などの担当記者、野球デスクを経て、2022年3月現在はスポーツ報知デジタル編集デスク。スポーツ報知公式YouTube「報知プロ野球チャンネル」のメインMCも務める。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント