IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【BBCトーナメント見どころ】
毎日が一発勝負のトーナメントバトル!

提供:BOATRACE

【(C)BOATRACE】

 BBCトーナメントは毎日が一発勝負。「様子見」はありえない。むろん上位進出に関係のない一般戦も存在するが、そこで力をセーブすれば流れが崩れ、気合負けしてしまう。最初から「負けられない戦い」の連続である。ゆえに、使えるデータを使い尽くさねばならない。前検タイム・コース別成績・スタートタイミング・近況のリズムなどである。流れがよければ好成績が期待できる。反対ならば苦戦も計算に入れておくべきだろう。


 さらに、選手の気構えも重要だ。なにせトーナメントバトルである。トップレーサーほどプレッシャーは大きい。「勝って当たり前」と周囲が思えば思うほど重圧になる。やり直しはできないし、取り返すチャンスがないからだ。

 一方、伏兵と思しき者は「イチかバチかの勝負!」に出る。チャレンジャーの強みといっていいだろう。

【(C)BOATRACE】

 そして、優勝戦の枠番を決めるのが「あみだマシーン」。勝利の女神はどこに舞い降りるのだろうか。それは人知を超えているが、手順は以下のとおりだ。


1.まず抽選順を決め、「あみだマシーン」の左側に上から配置していく。


2.抽選順は、準々決勝1着グループの2名が一番上と2番目、2着2選手が3番目と4番目、3着の2選手は下の二つとなる。グループ内での上下はそこまでの成績による。


3.次に、「あみだマシーン」の右側に「号艇札」を選手自身の手で任意に貼っていく。貼る順番は抽選順である。なお、このとき「号艇札」の数字は隠されており、何号艇かは分からない。当然、自分が貼った場所にあみだ線が進むとは限らない。最後にシールをめくることで初めて艇番が決まる仕組みである。


4.ここではじめてあみだを完成させる。もともと10本あったタテ線のから6つを選び他の4本を消すのだ。


5.残すタテ線は選手が任意で選ぶ。


6.あとは抽選順にあみだを進めていく。黄色の線が電光掲示されドキドキする瞬間であるが、この時点ではまだ艇番は分かっていない。


7.あみだ線が到達するとシールがめくられ、そこで初めて艇番が判明する。こうして「BBCトーナメント」決勝戦の枠番が決まるのだ。


 やはり、BBCトーナメントは実力と運が織りなす勝負の神髄といわざるを得ない。

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント