IDでもっと便利に新規取得

ログイン

目立つ広島のタレント力、島根と琉球は?
B1全22クラブの補強評価【西地区編】

アプリ限定

辻を筆頭に大型補強で話題を呼んだ広島
辻を筆頭に大型補強で話題を呼んだ広島【写真提供:広島ドラゴンフライズ】

 B.LEAGUE 6シーズン目を前に、いや昨シーズンが終わった直後から、各クラブの動きが非常に活発となり、これまでなかった代表クラスの移籍が相次いだオフだったと言えるだろう。東地区ではアルバルク東京の大型補強に目が行くが、西地区ではファンやブースターも驚いた補強が多くみられた。2021−22シーズンの開幕を前に、各クラブの補強状況を確認しつつ、今シーズンの評価をしていく。今回は西地区の11クラブを見ていく。

富山グラウジーズ・評価C

 チャンピオンシップ進出を果たした翌年ながら、前田悟や岡田侑大といった若手のタレントが流出する非常事態だ。代わって3PシューターのSG松井啓十郎やSF晴山ケビン、SF小野龍猛といったベテランを獲得しているが個人の力量としては伸び代がある選手たちではない。


 一方、元NBAドラフト1巡指名で近年は欧州リーグで3Pの技量も向上させているPFブライス・ジョンソンと、ピックアンドロールに長けるなどオフェンス力の高いアジア枠のSGドワイト・ラモスの2人の加入は楽しみだ。彼らが加わったことで、昨季言われていたジュリアン・マブンガがボールを持ちすぎているという状況から脱却する可能性はある。


●IN

晴山ケビン ← 千葉

松井啓十郎 ←京都

小野龍猛 ←信州

ブライス・ジョンソン ← ブディベルニク・キエフBC(ウクライナ)

ドワイト・ラモス ← アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)


●OUT

前田悟 → 川崎

松脇圭志 → 三遠

橋本晃佑 → 三河

城宝匡史 → 愛媛

岡田侑大 → 信州

永塚和志(構成:バスケットボールキング編集部)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント