IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大リーガーがSNS発信に力を入れる理由
70勝右腕バウアーの“親しみ”戦略とは?

映像制作会社を持ち、自ら撮影や編集も

インタビューに答えるバウアー。映像制作会社を持ち、撮影・編集・アップロードを自らこなす
インタビューに答えるバウアー。映像制作会社を持ち、撮影・編集・アップロードを自らこなす【丹羽政善】

「しかし、最初の頃のビデオはひどいものだった」と苦笑する。


「編集の仕方を知らなかったら、撮ったものをそのままアップしていた。ピッチングフォームをスローモーションで撮るというアイデアは良かったと思うけど、固定カメラだから、カメラのスイッチを止めるために歩いている姿までスローモーションで撮れてしまう。だから、2分半のビデオをアップしても、自分が投げているのはそのうちの30秒ぐらいという感じだった」


 おそらく、その映像が下記である。

 試行錯誤を続けたが、今のようなプロ顔負けの編集技術を持つようになったきっかけがある。


「2013年だったかな。12年かな? ダルビッシュが投げている、いろいろな球種の映像を、一つに重ねた映像があった。これだ、と思った。自分も編集であれをやってみたいと思った(この映像については第5回で詳しく説明)。そのためには『Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)』というソフトが必要だと知り、さっそく買って編集を学んだんだ」


 今やバウアーはYouTubeの撮影、編集、アップロードまですべて一人でこなすようになり、突き詰める中で、「モメンタム」という自分の映像制作会社を持つまでになった。モメンタムではカメラマンなどを雇い、アスリートの本格的ドキュメンタリーを手掛ける。リハビリの様子などに長期で密着し、選手の日常に迫る。ときに取材対象本人が企画し、バウアーが中心となって制作するのだから、必然、内容が濃くなる。


 それも結局は、「ファンにより親しみを感じてもらうための手段」とバウアーは言う。


「子供たちにしてみれば、選手らはスーパースター。でも、球場を離れれば選手も人間だし、そんな姿を見せることでよりファンは親近感を覚える。『あっ、彼も僕と同じでスケートボードが好きなんだ』っていう感じで」


 それは、バウアー自身がプロに入った頃、感じたことだという。距離を感じていた選手らが、一緒になってみると、野球の世界では特別な存在でも、日常ではある意味、気さくなお兄ちゃんたち。それを知ると壁がなくなる。バウアーとしては、子供たちにもそうして親しみを持ってもらいたい。だからこそアスリートの日常を届けたい――。

アスリートの日常を届けるために

アスリートの日常を届けたいという思いから、発信を続け、投資も行うバウアー
アスリートの日常を届けたいという思いから、発信を続け、投資も行うバウアー【Getty Images】

 さて、アメリカでは同様のコンセプトを持つ「プレイヤーズTV」というコンテンツが今年2月に立ち上がった。NBAからは、クリス・ポール(サンダー)、カーメロ・アンソニー(ブレイザーズ)らが参加し、アスリートの日常をそのチャネルを通して伝えることを目的とする。バウアーも6月に出資を表明し、今後は、自らの制作会社を通じて制作にも携わっていく予定だという。


「モメンタムではやはり、野球に偏ってしまう。でも、プレイヤーズTVはあらゆるスポーツのアスリートが対象。僕のような野球選手でもアイスホッケーや大学バスケットのファン、という人は多い。これからはそのプレイヤーズTVにアクセスすれば、いろんなアスリートの日常が見られるようになっていくと思う」


 現在は、米国で発売されているサムスンのスマートTVの1コンテンツだが、今後、より多くの人が見られるように発展していくそうだ。日本でも見られるようになるかもしれないし、日本のアスリートが参加するような展開になるのかもしれない。


 もっともそれで、バウアーがYouTubeによる発信を止めるわけではない。まもなくシーズンが始まるが、「開幕後は移動の機内の様子や、食事をするラウンジなどで選手がどんなふうに過ごしているか、そんな様子を撮影してアップしていくつもり」だそうだ。コロナ禍の影響で今年は大幅に取材が制限される。選手の個性が垣間見える映像などもおそらく限られる。そうした中では、貴重なものとなるのかもしれない。


※ ※ ※ ※ ※


 今回は5本のビデオを紹介。明日の第1回は、バウアーが2016年9月にイチローと対戦したときの全4打席を1球ごとに振り返る。日本のファン向けに本人が特別に編集したものだ。


 イチローの攻略法。それが破られ、改めて知ったイチローのすごさについてバウアーが語っているが、このビデオだけでなく、今後紹介するものも見ると、気付くことがあるはず。


 確かに、ファンとの接点という役割を意識し、次の世代に技術などを伝えようとしているわけだが、決してそれだけにとどまらない。


「野球は頭を使うスポーツ」


 そう話したのはイチローだが、バウアーのビデオの数々は、まさにその通りであることを教えてくれる。

丹羽政善
丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント