IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有森裕子×上田まりえの女子マラソン対談
名古屋ウィメンズの五輪代表候補を分析

アプリ限定

東京五輪女子マラソン日本代表の最後の1枠が懸かる、名古屋ウィメンズマラソンの注目選手について有森裕子さん(左)と上田まりえさんが分析した
東京五輪女子マラソン日本代表の最後の1枠が懸かる、名古屋ウィメンズマラソンの注目選手について有森裕子さん(左)と上田まりえさんが分析した【写真:C-NAPS編集部】

 東京五輪のマラソン日本代表選考レース、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの女子第3戦を兼ねる名古屋ウィメンズマラソン2020が、3月8日に開催される。昨年9月のMGCで東京五輪代表の座を射止めた前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)に次ぐ、最後の1枠が懸かった最終選考レースとなるだけに大きな注目を集めている。


 今回は、1992年バルセロナ五輪で銀、96年アトランタ五輪で銅と女子マラソンでメダルを2大会連続で獲得した有森裕子さんに、スポーツジャーナリストとしても活動する上田まりえさんがインタビュー。名古屋ウィメンズマラソンで好走が期待される安藤友香、福士加代子、一山麻緒(いずれもワコール)、岩出玲亜(アンダーアーマー)の4人の五輪候補たちの走りについて、対談形式で分析してもらった。(取材日:3月4日、敬称略)

最速を目指し切磋琢磨する「至高のレース」

大阪国際で松田瑞生が記録した「2時間21分47秒」以上の記録を目指す高速レースは、見ていて面白い展開になると語る有森さん
大阪国際で松田瑞生が記録した「2時間21分47秒」以上の記録を目指す高速レースは、見ていて面白い展開になると語る有森さん【写真:C-NAPS編集部】

上田 まず今回の名古屋ウィメンズマラソン2020の位置付けについて教えてください。


有森 女子マラソン東京五輪代表の最後の1枠が懸かった非常に重要なレースです。1月に行われた大阪国際女子マラソン(MGCファイナルチャレンジの女子第2戦)で松田瑞生選手(ダイハツ)が設定記録の2時間22分22秒を上回る、「2時間21分47秒」の記録を出しました。つまり、最後の1枠の内定を射止めるためには、松田選手の記録を上回る好タイムを叩き出す必要があります。タイムが遅ければ、「たとえ優勝しても意味がない」という高速レースになるので、見ていて楽しいと思います。


上田 選手たちが死に物狂いで東京五輪の出場枠を目指すレース展開が予想されるのですね。序盤から記録を目指したハイペースの戦いになるのでしょうか。


有森 ペースメーカーが30キロまで先導しているので、日本記録更新ペースで進むと思います。3月1日の東京マラソンの時と同様ですね。あのレースでは多くの選手が素晴らしい走りを見せたので、見ている方にも伝わるものがあったのではないでしょうか。特に優勝した大迫傑選手(ナイキ)のように、冷静な判断力と熱い気持ちを兼ね合わせた走りを期待したいですね。切磋琢磨(せっさたくま)しながら最速を目指すという、明快なシチュエーションなので。


上田 名古屋ウィメンズマラソンを見るうえで、選手のどんなところに注目するとレース展開をより楽しめるでしょうか。

C-NAPS編集部
C-NAPS編集部

ビジネスとユーザーを有意的な形で結びつける、“コンテキスト思考”のコンテンツマーケティングを提供するプロフェッショナル集団。“コンテンツ傾倒”によって情報が氾濫し、差別化不全が顕在化している昨今において、コンテンツの背景にあるストーリーやメッセージ、コンセプトを重視。前後関係や文脈を意味するコンテキストを意識したコンテンツの提供に本質的な価値を見いだしている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント