夏の芝2勝クラスを勝った3歳馬が熱い!
秋GI戦線の秘密兵器を探せ

今年6〜8月に芝の3歳以上2勝クラスを勝利した3歳馬(8/4開催終了時点まで)

表2
表2【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 さて、今夏の芝・3歳以上2勝クラスは現在進行形。まだレースは組まれているが、ひとまず表2では6月から8月4日開催終了時点までのレースについて、3歳馬の勝利をまとめてみた。今年もすでにたくさんの3歳馬が勝利しており、今後の成長・活躍を予感させる馬も出ている。例えばヒシゲッコウは、すでに注目されている1頭だ。キャリアはまだ4戦。2戦目にはプリンシパルSに挑戦して3着と好走。前走は札幌芝2600mの阿寒湖特別を快勝した。ステルヴィオの半弟という良血馬で、本馬の父はルーラーシップ。スケールが大きく、成長力もありそうな雰囲気だ。厩舎も大きいレースに実績がある堀宣行厩舎。次走の予定は決まっていないようだが、菊花賞の秘密兵器となる可能性があるだろう。


文:小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。

JRA-VANデータラボ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント