関屋記念は前走からの斤量増減に着目!
過去10年データから馬券の狙い所を探る

 今週は日曜に札幌競馬場でダート重賞のエルムS、新潟競馬場でマイル重賞の関屋記念が行われる。今回は新潟の関屋記念をピックアップし、2009年以降・過去10年のデータから馬券での狙いどころを探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

関屋記念の人気別成績(過去10年)

表1
表1【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 まず表1は関屋記念の人気別成績。1番人気馬は昨年のプリモシーンら2勝で、連対率50%・複勝率60%はトップの数字だ。4番人気馬が14年クラレントら最多の3勝をあげており、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えている。その他では2番人気馬が2勝、3・6・7番人気馬が1勝ずつをあげ、連対馬は上位7番人気以内におさまっている。


 3着馬は下位人気まで幅広く分布しており、3連複での万馬券は4回、3連単で10万円以上の配当は3回。大波乱こそなかったものの、小〜中波乱はあるレースだ。


 ちなみに、「夏は牝馬」の格言があるが、牝馬は過去10年で【2.2.3.19】で連対率15.4%・複勝率26.9%と、牡馬・セン馬の連対率11.9%・複勝率17.0%を上回っている。

関屋記念の年齢別成績(過去10年)

表2
表2【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 続いて表2は年齢別成績。4歳馬が16年ヤングマンパワーら3勝をあげ、連対率33.3%・複勝率38.1%と優秀だ。出走数最多の5歳馬は一昨年のマルターズアポジーら4勝をあげ、3着以内数も13頭と多い。3歳馬は昨年のプリモシーンが勝利し、複勝率30.0%と4歳馬に次いで高い。


 なお、6歳馬、7歳以上の馬はともに1勝のみで、連対率も低い傾向が出ている。

関屋記念の枠番別成績(過去10年)

表3
表3【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 表3は枠番別成績。7枠が昨年のプリモシーンら最多の5勝をあげ、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えている。8枠も16年ヤングマンパワーら3勝をあげており、連対率はトップ、複勝率もトップタイだ。これら外目の7・8枠で大半の8勝をあげており、好成績を残している。一方で、中枠の3〜6枠は勝ち星なしに終わっている。外目の7・8枠に入った馬を1着候補として組み立ててみたい。

JRA-VANデータラボ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント